2012/1/30 | 投稿者: 小野健司

実践者の9割以上が「歌がうまくなった!」と効果を実感している小野健司さんの

「真の歌声を手に入れる方法×力強くかつきれいな高い声を取得する方法」のマニュアルの内容はというと、




■歌唱力向上には必要不可欠なはじめの一歩

■あなたの声帯が強化されるトレーニング

■高い声が全く出ない悩みを一気に解消する方法

■践したその日に、声の変化を実感する方法



要点を上げていくと、こういった感じです。



高い声が出ないと言っても、人によって原因が違うため、

ある人に効果がある方法が必ずしもあなたにも同じ結果が出るとは限りません。



歌がうまくなるためには、自分の声質や声帯の状態に合わせてトレーニングする必要があり、

やり方を間違ってしまうと、それは全て無駄な努力となります。






ハードなトレーニングをしたり、喉を痛めることなく最短で歌唱力を向上させるにはこちら



1

2011/8/22 | 投稿者: 小野健司

自分の歌声に悩む多くの人たちが、小野健司さんのボイストレーニング法で、

見違えるような歌唱力を手に入れていますが、

彼らの体験談を小野さんのホームページで見ることができます。




ちゃんと、出せるようになったんだなと本当に嬉しかったです。

たった3ヶ月で1オクターブも音域が広がるなんて

歌を歌うのってこんなにも楽しいことだったんですね。

練習をきちんと続けたらびっくりするぐらいの高い声が出るようになりました。




正しいレッスン法さえ実践すれば、彼らの言うように「びっくりするような」結果が出るのですが、

それは、今まで無駄な努力をしていただけにすぎません。


声帯を強化できる効果的な練習をすれば、歌がうまくなるのは当たり前で、

「真の歌声を手に入れる方法×力強くかつきれいな高い声を取得する方法」では、

1日30分程度の練習だけで、自分の声がどんどん良くなっていくのを実感できます。




ハードなトレーニングをしたり、喉を痛めることなく最短で歌唱力を向上させるにはこちら


0

2011/4/7 | 投稿者: 小野健司

あなたも歌がうまくなるために、何かしらの努力をした経験があるかと思いますが、

果たして実を結んでいるでしょうか??


高い声を出すためにも、ビブラートの効いた表現力豊かな歌声を手に入れるためにも、

声帯をトレーニングで強化する必要があるのに、

ほとんどの人は、喉や声帯を痛めるような練習をしているだけで、

実はなんの意味もありません。



腹式呼吸が大切とか、ビブラートをつける方法などをいきなり教わることがありますが、

それ以前に大切なことがあり、順序を間違えただけでも、やっぱり意味がなくなります。


正しいトレーニングを正しい順番でやらない限り、

↓のようになることは難しいものです。




■しなやかなビブラートをかけて歌えるようになる

■実声で高い曲を歌いきることができる

■カラオケで他の人から褒められるようになる

■憧れの曲を原キーで歌えるようになる




ハードなトレーニングをしたり、喉を痛めることなく最短で歌唱力を向上させるにはこちら



0

2011/3/23 | 投稿者: 小野建司

あなたも↓のような悩みを持っているかもしれませんが、



■キーを下げないと辛くて歌えない

■カラオケに行きたくない

■いくら練習しても、ちっとも歌がうまくならない

■練習しすぎて喉を痛めてしまった



小野健司さんのボイトレ法を実践した人たちも、あなたと同じような悩みを持っていました。


しかし、9割以上の人たちが悩みを解消することに成功し、

自分でも驚くほど高い声で、表現豊かに歌う力を手に入れています。



歌唱力を向上させるには、声帯の強化が不可欠で、

ロサンゼルスの1流ボイストレーナーKEVYN・LETTAUの「"Vocal-freedom"の発声法」は、

数々の有名アーティストが実践している方法です。


あなたも、この練習法さえ実践すれば、

高額な費用を払ってボイトレ教室に通う必要はなくなります。



ハードなトレーニングをしたり、喉を痛めることなく最短で歌唱力を向上させるにはこちら







0

2011/3/3 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ