堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2017/9/28  15:18

ANAの平井堅スペシャルの詳細レポ  平井堅ラジオレポ

先日レポして下さった方が、また海外に行かれて、ANAの平井堅スペシャルの詳しいレポを下さいました。

まだ行かれていない人もいるので、続きを読むからどうぞ。
国際線は10月もプログラムにあるので、まだ聴けますね。

平井堅 Special
~空の旅~

「Precious Junk♪」

が流れる中、杉崎さんによる堅ちゃんの紹介!
の後、インタビュー開始しました


以下、堅ちゃんのトークです。

こんにちは!宜しくお願い致します!
22年前の当時の事、覚えてます。
やっぱり、あのー、デビューした年なので、
もう、とにかく、ちっちゃい頃から歌手になるのが夢だったので、
夢が叶った喜びと、あと、ま、今から考えると、とても安易だったのですけども、
あの、すぐこれでもう自分はドーンとブレイクして
リリース翌日からもう、街、歩けない風になるんじゃないか とか
若気のいたりで、凄い、こう、夢で、こう 胸一杯な感じでしたね。
全くそういう現実はなかったんですけどね。
現実は、そうではなかったんですけど。
それで良かったっていうか笑 その後の人生ね。
その時はどうなるか解らないけれども
今、振り返ると、この曲が まあ、すごく、王様のレストランっていう大ヒットドラマで、その主題歌でもあるし、鳴り物入りみたいな感じで
こう、プロモーションして頂いて、それが こう「アレッ?」て
あんまり こう いかなかったんですね。
で、そこから5年ほど なかなか こう 成功できない、
うまくいかない5年があるんで、そこでまあ、とても やっと学べたっていうか。
それまで、あんまり苦節とか苦労とか挫折を知らずに生きてきたので
まあ 今となっては こう、必要な5年だったのかなあと思いますけど。
今日は宜しくお願いします!

聴いて下さい‼ 平井堅 で 「ノンフィクション♪」

ドラマの話 頂いて、脚本を読んで、それで書いたんですけどー
どちらかというと その 主人公の負の部分というか、まあその、
組織の矛盾と戦いながら、自分とも 正義とは何ぞや?と思いながら
葛藤しながら生きてゆく男の物語なんですけども
明日があるから頑張ろう!というよりは 何で自分はこうなんだろう?
って その、うっくつした部分にフォーカスを当てて書きたいなと思って
ていうのも、丁度この話を頂いた時に僕自身も生きるって何なんだろう
っていうのを、ちょっと こう 考えさせられる出来事があって。
で、そういう こう ちょっとモヤモヤっとした気持ちを抱えている時に
この間話を頂いたので、暗い歌 書いていいですか?っていう事を
プロデューサーさんに申し上げたら、全然暗くてかまわないので、
感じたまま書いて下さい とおっしゃって下さって
それで この「ノンフィクション♪」という曲を書きました。
でも 本当に あのー、大切な曲になりました。

2006年〜の時代は 一言で言うと 戦いの時代。
戦いの日々だったと思います。
2005年に発表した「歌バカ1」ですね
「歌バカ」それが まあ ぶっちゃけ言うと売れましたし笑
ある種 こう、平井堅バブルみたいな
今 振り返ると「瞳をとじて♪」とか こう「POP STAR♪」とか、
こう、いわゆるヒットシングルを出して、の、ベスト版という事で。
ただ、ベストって僕にとって こう、怖いアイテムで、
売れれば売れる程、ある種 こう、ユーザーがコンプリートしちゃう
というか、まさに これで平井堅 網羅したなっていう 1つ こう、
スッキリする というか そこからの次のシングルからの活動っていうのが
とっても厳しかったですね。
僕、あの、振り返っても。 その時、思ってたし。
その 1回コンプリートしてから、また0から こう、平井堅っていうものを
築き上げなきゃいけないっていう、そういう何かある種の鮮度を保って
やっていくには どうしたらいいのだろうっていうのを
ずっーと それこそデビューの頃より考えて、考えて、悩んで、悩んで
っていう日々のまんま 今に至るっていう感じです。
安住の地なんてないし、毎曲毎曲そうですけども
ベスト出してからの11年間っていうのは、より、こう、ま、
その、もう何をヤッテモ うまく転がっていくっていう追い風の時
っていうのも人生にはあると思うのですけど、なかなかそんなの
続くわけないし、ここからどうやって、無風の状態から風を作っていけば
いいんだっていう事を、ずっと考えてたな〜 と思います。


〈転機〉

「告白♪」っていう曲があるんですけども、あの曲が、
今 振り返ると この11年間のターニングポイントだったな〜と思います。
シングル1曲1曲を出す時に、良い曲を出したい!っていうのは
毎回毎回 当然思っているけれども、もっともっと深く、より色濃く、
そのシングルを出す時に 出来ないものかっていうのを、
考えて、考えて 創ったものが「告白♪」っていう曲だったんですね。
それはその、いわゆる芸能が凄い好きなんですけども、
このビジュアルにしよう! このアートワークにしよう!
このMVにしよう! こういう衣装を着よう!という 
その楽曲が、詩とメロディーだけじゃなく
ビジュアルからなにから、そのポンセプシャルに決めていくっていうのを
この「告白♪」っていう曲で、より チームとして皆で考えて創った
きっかけになった曲だなぁと、個人的には思っています。


〈歌以外で好きな事〉

運動は好きなので、ジムに行ってウオーキングしたり。
その日々っていうのも かなりルーティンですね。
で、お酒も好きなので、変わらず飲んでますし、ま、カラオケも
変わらず行ってますし。
最近はボックスではなくスナックになってきました。
やっぱり 歳と共にね そうやって変わってきますね。場所はね。
スナックの良さは、やっぱり ここ最近、非常に沁みる様に好きになってきましたね。
「歌って!」と言われたら まあ、角がたたない程度に。
あんまり断るとね〜 「何様だー」ってなるから歌いますね。
よく歌うのは 常に新しい曲。
歌ってない曲を歌うので そんなにね〜繰り返し歌う曲って、あんまないんですよ。
最近、中島みゆきさんとか歌ってますかね。結構ね、ウザがられますね。
感情、込めすぎるんで、はい。

「告白♪」「グロテスクfeat.安室奈美恵♪」聴いて下さい‼

〈歌バカだけに の紹介〉

10組とも僕が単純にファンだっていう事でオファー差し上げまして
皆さん、楽しんでやって下さったのかな?
とても大変でしたけど楽しかったです!
以前から それこそ 歌バカだけに笑
自分で詩、曲を紡いで歌う というのも好きだけども
僕は、歌だけ歌います っていう
あとは色んな人の才能に乗っかります っていう
自分が好きな シンガーソングライターに書いてもらった1枚
っていうのを作りたいなってボンヤリ思ってたんですね
そういう企画は あったんですけども
このベスト「歌バカ2」を出す時に、それに+アルファ
クリエイティブだっていうか
僕自身も 企画的な 何か楽しめる物があるといいなと思って
で、このお話をしたら、面白いんじゃない!っていう事になって
本当に 随分前からなんですけど、ゆっくり、暇をみつけて
オファーして レコーデイングして っていうのを
この2年位 チョコマカチョコマカ続けていて10曲 集めてたんですね
で、やっとそれがパッケージできて「歌バカ2」に入れよう!
という事になりまして
以前からっていうか、常日頃、僕が好きで聴いている方
そして親交のある方が殆どだったので
面識ないのは卓球さんだけだったのかな?
なので 殆ど直談判というか、直接お会いして、
ちょっとこういう企画があるんですけど、曲、書いてくれませんか?
というのを、お会いして言うか、電話で、直接電話して
オフィシャルではなかったですね。アンオフィシャルオファー。
ほぼ そうでした。
お酒 呑みながらは草野マサムネさんとKANさん。それぞれ。
マサムネさんとは もう結構前ですね。
マサムネさんと鍋。誰かのお宅で鍋囲んだんですね。
それで、マサムネさん、イイ感じで酔ってきた頃に
ちょっと曲 書いてくれません?つったら イイよ!って。
むしろ カムぐらい。
言ったと同時に「ハイ‼」っていう位 言って下さって。
律儀な方なので、直ぐ、曲、下さって。嬉しかったですね。
言い方は変ですけど、どっちも歌手なんだけど、
より 歌手になった気がするんですよね。
なんかそこに自分の声を乗せるには、どういう感情で
どういう節回しで歌ったら 一番 この曲が輝くのかな
っていうのを考える作業は、僕はとっても好きで
人に書いてもらった曲を歌う時の方が より、うまく言えないけど
歌手 って気がするんですよね〜
どういう風に歌ったらいいんだろうって悩むのがわりと好きなんですよね〜
孤独で しんどいんだけど 歌うのが好きなんでしょうね
なんかね 皆さん優しいから 自由に歌って下さい とか
優しいから 誉めて下さるから
あんま そういう意見を聞かない様にして、自分でイヤイヤって
組み立てていくんですよ。
でもKANさんは、すごくスパルタだったんで。面白かったですね。
「もっと平井堅ぽく!」とトークバックで歌ってる時笑
平井堅に向かってね笑
そこは「イ〜イ〜イ⬆⬇↗↙」って歌って、
平井堅だったらもっとコブシまわすとか笑
僕より平井堅らしさっていうのを熟知してらっしゃるっていうか笑
面白かったです。

「ブランケット♪」「一番初めての恋人♪」聴いて下さい‼

旅は大好きです! 一人旅は、えーとねぇ 
20代の頃はすごくしました!一人旅。
一人で色んなとこ行きました。
が、30代になって、今ガッツリ45ですけども
段々 歳とってくると 楽しいんだけど
晩御飯 一人で食べんのが すごい寂しいんですよ。
日中 まだいいんですけど。
で、その寂しさに耐えられなくなってくる30代
で、30代位〜友達と行くようになりましたね。
最近はもうホントに暇があったら、どっか行きます。
今年も行きましたし。年に1、2回は行ってるかな?
旅の目的は そんな明確にはないんですけども
若い頃ね 失恋すると笑 なんか乙女みたいだな
失恋すると 旅に行ってたんですね。
で〜 海外旅行 行くと「アレッ!?」ていう
もうなんかずっと泣き濡れてたくせに 凄い楽しくって!
じゃあなんか「オヤッ?好きだったけな?」っていうか、なんか笑
意外と 傷が癒えるっていうよりは こう、スパーンって
勿論、好きは好きなんですけども、なんかその経験が
若い頃に1回あって、旅ってスゲーなーと思って、
失恋 乗り越えられると思ったんですね。
あと なんか〜笑 あ〜の〜 20代の頃に まあ〜
付き合ってる娘と旅行に行くじゃないですか。
で、行って、例えばリゾート系に行ったとすると
本当に綺麗な海をずっーと見ていて、てっぺんにあった、
正午にあった夕陽がね 沈んでいくまで こう、ずーっと見てて
で〜 水平線に夕陽が落ちてって 凄い綺麗で〜
あ〜なんかオレ よくある話ですよね
なんてちっちゃい事で 日本でクヨクヨ悩んでたんだろうとかって。
あれは要らなかったな、これも要らないな〜とか。
余計な物、沢山持ってたな〜って、ずっと思ってたんですね。
で〜、隣、フッて見て、あれ? この娘もいらないかもって
思った事があって。
で、その場で別れ話した時があったんですね。
これ実話です。
多分、あの、あんまり好きじゃなかったんだと思う。今 思うと。
凄い失礼なんですけども〜
なんかそういう事があって、旅って なんか結局、
そんな変わらないんだけども、縛られてた、東京で、
こう、思っている事、自分が大事に思っている事や時間や。
っていうものが、なんか その一瞬でも、旅に行くと 
勿論、全然違う景色を見て、こだわってたものが
スコーンと抜けちゃう感覚が、やっぱ 一番好きですかね〜
旅する時。

〈旅の必需品〉

これ、あんまり、隠してたんですけども、
すごい、なんか自分でも嫌だから・・・
体重計 持って行くんですね 
嫌でしょ?嫌でしょ? ホント 嫌な奴
ホント嫌なんですよ
友達にも 止めなよ!って
何で 旅 行ってる時ぐらい気にするんだって言われるんですけど・・・
次のTVの仕事の前日に帰って来るとかって時に
一応、こう、露出体重っていうのを決めていて。
その体重。ま、越えちゃう時もあるんですけど
旅 行くとスゲー太っちゃうから
体重計 持って行きますね。
いや〜これね〜ちょっとヒキますよね。
これあの、今、ANA乗ってらっしゃる方、めんどくせーコイツと
多分、思ってますよ。

「POP STAR♪」「楽園♪」聴いて下さい‼

〈歌バカ という言葉〉

本当に大きく出たな と思うんですけども
僕はその、そもそも歌手になりたいと思っていて
歌手が好きなんですね。
で〜勿論 僕は自分で作詞作曲するシンガーソングライターでもある
でも、自分の曲しか歌わないっていう、純粋シンガーソングライター
ではなくって、わりと こう、どっち付かずっていうのか
二足のわらじ である事が嫌ではなくって
作詞作曲っていうのは自分の能動的に始まった訳じゃなくって
人から勧められて、やってみたらって言われてやった事で
ちっちゃい頃から、歌謡歌手っていうのをずっと見てきて
そういう、それこそ 美空ひばりさん、山口百恵さんや
松田聖子さん、中森明菜さん、沢田研二さんとか〜
そういう、芸能でキラキラしている歌手っていうのが好きで
そういう、歌に徹するっていう作業が凄く好きなので
歌バカ でありたいと思うし、人が、どう平井堅の事
見てるかわからないけども、自分で創った曲も人からの提供曲も
同じように、その曲を輝かせる為に自分の歌を乗っけるっていう
作業が一番大切だと思っていて、そこを これからも磨くというか
頑張っていきたいなと思っていて・・・
そういう意味で 歌バカ でありたいなと思っているんですけども。

〈今後プライベートでやってみたい事〉

まだまだ旅はしたいです。
行った事ない国。まだまだあるんで。
それこそ、地球儀、世界地図を塗りつぶす。
どんどんどんどん色を塗っていきたいなと思っているので。

杉崎さん「体重計は?」

ハハハハー! それか〜笑
いやあ〜 いつか、手放す自分になりたいですね
そういう大きい男になりたいです。
とりあえず、次のバケーションは持って行くと思いますね。
また、ANAさんの機内にあると思いますね。
あの、スーツケースの中に。はい。

杉崎さん「御守り代わりという事で!」

そうですね!ハイ!!笑
「歌バカだけに」でKANさんが書いて下さいました
「歌♪」という曲を聴いて下さい!
ありがとうございました☆☆☆
54
タグ: 平井堅 ラジオ



2017/9/30  9:02

投稿者:ikuchan

★kさん
凄いレポですよね!
飛行機に乗れなくても大満足ですよね!
有難いね!

2017/9/29  16:29

投稿者:ikuchan

★**さん
いつも見てくれてありがとうございます!
飛行機乗る機会がないので、教えてもらえて嬉しいですよね!

2017/9/29  16:26

投稿者:ikuchan

★Tさん
堅ちゃんの話してる声が浮かぶよね。
そろそろ年末の堅ちゃんのライブ情報、気になりますね。
大阪は去年やったし、今年は諦めてます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ