2011/4/2

公開質問状 知事の見解   福島から玄海原発を考える

先日より紹介している公開質問状の回答について、古川知事より以下のような見解で
ご返答をいただきました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

                             平成23年3月30日
NO!プルサーマル佐賀ん会 様             

                               古川康
 公開質問状の送付とご返答のお願いについて(回答)
2011年3月23日付けでご依頼の表記の件につきましては、貴会において回答をもとにインターネットによる公開、チラシ等による広報を予定されておりますが、県選挙管理委員会へ問
い合わせしたところ、公表方法によっては公職選挙法(第142条、第146条、第201の9条)に抵触するおそれがある旨の指摘がありました。
 このため、回答の提出は控えさせていただきます。
なお、東日本大震災に伴う原子力発電所の事故及びプルサーマルへの対応については、古川康のオフィシャルサイト「パワフルコム」(http://www.power-full.com/)の「古川康が質問にお答えしますON QUESTION, OFF QUESTION」ページの「東日本大震災に伴う原子力発電所の事故」「プルサーマル」で考えを示しています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

なお、公職選挙法に抵触するおそれがある、という点につきましては、
公職選挙法を見直したところ、これが違反だという解釈を得られる規定は見られませんでしたので、会としてはブログによる公表を続けたいと思います。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ