2011/3/29

県への申し入れ  福島から玄海原発を考える

3月28日(月)
東日本大震災における福島原発での一連の事故から、
玄海原発のプルサーマル計画の見直し、避難計画の再検討、ヨウ素剤の配布 等について、
会としての要望を、佐賀県知事・県議会へ申し入れを行いました。

佐賀新聞の記事はコチラ

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
       
          申入書


日頃の県政に関する真摯な取り組みに感謝申し上げます。
さて、今回の東北地方太平洋沖地震と福島県の原発事故の被災者に対する佐賀県の素早い対応は見事なものでした。佐賀県民として大変誇らしいことだと思います。
しかしながら、今回の原発事故で原発に対する安全対策は不十分であることがわかりました。まさか、この期に及んで玄海原発は安全であり、安全対策は万全であるとは強弁なさらないと思います。
本日は以下の点について県政において取り組んで頂きたく、お願い申しあげます。

1,可能な限り早く、国に対して働きかけ、意見して頂きたいこと 

(1)国は今までメルトダウンまで想定した原発事故時の避難対策及び安全対策をきちんと立てて来ませんでした。そのため、災害時の福島原発周辺の住民の避難範囲の設定、情報提供が後手後手にまわりました。そして事故の終息の見通しが立たず、今後も放射能の被害が増え続ける可能性があります。そんな状況下で、諸外国の退避範囲設定からすると日本の半径20〜30km圏内の方々の避難に対する不安は多く、予防的措置として30km圏以内の方々、特に妊産婦、乳幼児を優先的に行政主導で避難させること。
(2)福島原発の状況と周辺の空間線量の測定値を視覚的にリアルタイムで中学生でもわかるようなホームページを作ること。どのような状況になったら退避範囲をひろげるか、あるいはせばめるか、科学的な根拠に基づいた方針をすみやかに示すこと。

2,佐賀県としてすぐに取り組んで頂きたいこと

(1)原発災害時の避難計画について
  ・玄海原発で福島原発と同様の事故が起こった際の避難計画をきちんとたてること。
・玄海原発のオフサイトセンターは事故時には原発から近すぎて機能しないため、今回の事故を踏まえて避難場所は30km圏外に確保すること。
・その際の避難経路、食料、水、毛布、燃料、通信手段を盛り込み、計画が機能するか、きちんと第三者機関に依頼し検証すること。
・玄海原発周辺10km以内の住民にはヨウ素剤をあらかじめ配布し、使用方法をきちんと説明すること。

(2)プルサーマル計画について
. ・玄海原発の3号機はヨウ素漏れを起こしたため運転を停止し、点検中ですが、原因は結局明らかにされませんでした。3月19日に九電は4月上旬に運転を再開すると発表しました。その後3月25日に住民の不安が高まっているとして玄海原発の2号機.3号機の運転再開を延期すると発表しました。先頃の福島原発1号機の破損が一番ひどかった3号炉はプルサーマルを行っており、今回の事故でプルサーマルがどのように関わったかは解明されていません。これでは住民の不安は到底払拭できないため、玄海原発のプルサーマルは止めてください。

3,佐賀県として今後(今年中に)取り組んで頂きたいこと

(1)原発の存続とエネルギー政策について、福島県はかつて佐藤栄左久前県知事、県議会を挙げて日本を代表する有識者を招き、公の場で22回の検討会を重ねて、平成14年に福島県エネルギー政策検討会の中間取りまとめを発表し、プルサーマルを中止しました。今回の事故で原発は安全ではなく、また国の安全対策も機能しないことがわかりました。佐賀県もこれまでの国に丸投げをしてきたことを反省し、有識者と住民代表を加えた、原発に利害関係のない第三者機関を設けて、原子力発電に関する検討機関を設け、その検討会を公開すること。

(2)福島の例でわかるように一度、深刻な原発事故が起これば、佐賀県の住民のみならず、近隣の県まで多大な影響をうけます。事故で大事な家族や故郷を失うことが起こった場合、県知事や県議会も国もそれに対して責任のとりようがありません。そのため国によっては原子力の存続を国民投票で決定しています。佐賀県も県民投票を検討すること。

(3)ウランの採掘寿命が85年といわれていることから、いずれ原発基軸のエネルギー政策を転換しなければなりません。今回の事故を機会に、20年〜30年以内に石油にも、原子力にも依存しないエネルギー需給計画を有識者、電力会社などとで立てて実行にうつすこと

以上、申し入れます。これらの件についてどのようにお考えかをお返事ください。

              NO!プルサーマル佐賀ん会 共同代表
                 伊藤 正樹  畑山 敏夫  満岡  聰



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ