●ファイルの種類は、pdfとtxt。
●わたしの本の読者さん以外でも、もちろんお読みいただけます (刊行作品とは直接リンクしていません)。
●女の子向けですが、男の子でも、おとなでもOK。
 ただし、わたしの「お友だち」(童話仲間さんとか)は不可とさせていただいてます、ごめんなさい。だって、はずかしいから。
●興味を持ってくださったら、右側のメッセージBOXを使ってお尋ねください(URLなど、詳細はメールでお答えします)。

★支部や「なろう」なども利用してシリーズを投稿しています。こちらのほうが利用しやすい方もあるかも。
★まずは、気軽にメッセージをください。緊張しなくて大丈夫! ホントに^^

2018/5/27

駅までの道・駅からの道  その他

東京出張のスキマ時間に、彼らの住む土地のモデルにしている場所(のひとつ)を歩いてきました。
今回は天候・時間・靴のせいで、坂の上のほうまでは行けなかったのがちょっと残念。

挿絵代わりになりそうな画像をいくつか、アップしてみます。
作中とは季節が全然違うのですが、学校(寮)と最寄り駅を結ぶのはこんな感じの場所…と思っていただけるとうれしいです。

季節は全然違うのに、来るべき(?)バレンタイン・ネタのアイデアはしっかりゲットできました。行ってみてよかった、と思っています。
(今は、番外編を書いています)

一枚目は(某話で)さっちゃんのテレカが拾われたあたり。
二、三枚目は坂を見上げた写真。向かって右が墓地になっています(作中では坂からも直接墓地が見える設定で、実際もっと上れば見えたと思います)。
左は山の斜面。この坂の先、山のてっぺんから向こう側に下ったあたりに学校の敷地があるので、寮の窓からも墓地が見えるのです。
四枚目は反対方向を映したもの、駅の方角への下り目線です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ