壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

マザーファッカー

2017/9/19 | 投稿者: komori

日記


9/15
 komori+yusaにて渋谷LUSH&HOMEでの往来イベント『トーキョーワンダーグラウンド vol.3』に出演。「音楽八分目」というレビューブログを書いている藤井くんという青年の企画である。我々も何度か掲載して頂いたことがあり、大手ロック雑誌の下手なライターなんかより余程文章、着眼点共に面白く、何にせよ誰に頼まれたでもなく報酬があるでもなくとも書くのだから(笑)、その起動力に愛情があって、いい。自分もまた最近このブログというツールを見直すようになった。

 ライヴはビイドロのパフォーマンスが圧巻だった。ヴォーカルの青柳さんが、ビイドロは現状自身も子供が2人いて忙しくまたメンバーも多忙なため、殆どライヴに向けてのリハが出来なかったこと、だけれど久々にメンバーと会って演奏したり、一緒にリハの後飯を食いに行ったりしたのが楽しかったこと、などを話してくれた。メンバー各々が「ビイドロ」というバンドを好きなんだなという愛が、演奏に出ていた。その想いの強度には、ちょっと敵わなかったなあ、僕らはこの日。壊れかけのテープレコーダーズにしても、これからの次の10年、20年、どれ程までに過去に自分たちが築き上げてきた軌跡や作品を愛せ、更新することに魂を捧げ続けられるか、だなあ。

**************************************

9/17
 新宿シネマートで映画『MOTHER FUCKER』をやっとこ観る。手前味噌な表現しか出来ないが、最高!と拳を突き上げるしかない映画であった。こんなこと自分の口から言えるものでもないけれど、極端な話レスザンTVや、挙句ロックやパンクに興味のなかった人に届くといいなと思った。だってこの映画にあるのはもっともっと大きな「生きる」ってことがテーマに添えられているように思えたから。

 生きる、とはなんだろう。生活とは何か。生計とは。家族とは、何か。好きなこと、って何? 続ける、とは? なんで? 何を貫く? 何を貫けずにいる? 何を守る? 何を犠牲にする? 有限な時間の中で。僕らはどんな道を選ぶのか。

 終演後YUKARIさんに挨拶をし映画の感動を述べたら、「ただ、生活してるだけでから」と仰っていたのが印象的だった。表現や芸術にはいろんな形がある。生活を捨て作品に命を削り続けるのも、そのひとつの姿であろう。だけれども、生活と地続きなもの、取り分けパンクやハードコアという音楽は、生活に根付き生まれる表現の姿なのかもしれないと思え、そしてそれもまた音楽のあるべき姿の一つなのだろう。

 こういう作品をきっかけに、レスザンTVの軌跡や、ないしはインディーズ音楽のユニークさが、まだその世界に足を踏み入れたことのない誰かに100%伝わることはもう間違いなく事実としか言いようがない!と映画観て思ったから、ホント、楽しいことばかり!

**************************************

9/18
 大森靖子の生誕祭に行く。ライヴはちょっとしか間に合わなかったが、最後に「音楽を捨てよ、そして音楽へ」をこの日聴けてよかった。一連の騒動は、自分は全く知らずに夏の魔物の弾き語りを観て、うわあ今日取り分けテンション尋常じゃねえ、と感動して、事の発端に前日そんなことがあったのか、と後でしったのだけれど、付き合いも長い自分にとってはそんなにみんな騒ぎ立てたり面白がったりすることなのかなあ、と俯瞰してしまっていたけれど、それだけ彼女(ないし先方)が世間的に有名になり巨大なインフルエンサーをなったんだなという事実を反映しているということでもあったのだが、何にせよ自分は彼女のライヴにおいて己に沸きあがったその衝動や感動のその速度の絶対的リアリティしか信じていないので、あんな体験をさせてくれてありがとう、といつも思っているし、昨日もそう思ったし、これからもそう思うだろう。

 彼女は強いし、自分で言ってるように確かに無敵なんだけれど、だけどあの人は自分で自分の(ないしは人間存在そのものの)弱さや情けなさもよくわかってる人だから、だから僕は信頼しているのだ。出会ってから随分の歳月が経ったけれど、根源にあるものが、全く変わっていないし、その純度の高さにいつも驚かされる。だから、夏の魔物のライヴの時泣きながら笑いながら「こんなんで、すみません」って言ってたのを僕は聞き逃さなかったけれど、そんなふうに言ってるんだからさ、やっぱりね、門外漢のようね連中が我先にと曲を聴いたことすらないのにやれ何が正しくて何が間違いだの持論を蛆虫のように撒き散らしはじめる風潮とその当事者達は、やはり、クソっすよ。心の底から勝手にしやがれと思うし、そういう無様な労力に一生有限なる時間を費やし続ければいいよね、と思う。マザーファッカー。




追記

最近よく聴く。クソかっこいい。



1



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ