壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

ミサイルの飛んだ朝に

2017/8/29 | 投稿者: komori

 今日の日の感情を忘れ得ぬ為に。

 8/29 日記

 ひどく不快な朝の目覚め。同居人の「ミサイルのニュースを見て」という声で目が覚める。我が家にはTVがない。生憎己のスマホが数日前に故障。すぐさまPCでニュースを確認。自身や、同居人の地元も警報区域に含まれていることに唖然、と同時に、北海道上空を通過したことにことばを失う。北海道北部と言えば、父方の実家のある区域でもある。また、一昨日、昨日と素晴らしいGIGを東京で行ってくれたhasymonew bandは、北海道から来たバンドだ。もし彼らが帰省中の飛行機に乗車中ミサイルが飛んできたら…と思うと、これは決してもしもの話ではなく、現実的な可能性としてあり得る話なのだと思うと、思考回路が停止しそうになる。

 ミサイルが飛んだ朝も、東京の朝は通常運行の平和さがあったような印象を受けた。僕は仕事に出かけた。職場ではそんな話題は微塵もなかったし、休憩室で放映されていたミサイルのニュースの繰り返しも、多くの人はもう見向きもしていないようだった。

 時折、イエローモンキーの「JAM」の歌詞にあるような気持ちになる瞬間が、ある。

 「僕は、何て言えばいいんだろう。」
 「僕は、何を思えばいいんだろう。」

 時折、色んな事柄が、よく分からなくなっていまうような、そんな1日も、ある。
4



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ