壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
  | 投稿者: komori

※暫くこの記事が一番上にきます。
















クリックすると元のサイズで表示します
『SILENT SUNRISE』レコ発東名阪ツアー

■9/17 sat  青山 月見ル君想フ
 壊れかけのテープレコーダーズ5th Album
『SILENT SUNRISE』release party in TOKYO
 w/SuiseiNoboAz、the MADRAS

■9/24 sat  大阪 三国ヶ丘FUZZ
 壊れかけのテープレコーダーズ5th Album
『SILENT SUNRISE』release party in OSAKA
 w/コロコロボンボンズ、Paper people、ネコノ欠伸、ヒョットコ

■10/1 sat  名古屋 KDハポン
 壊れかけのテープレコーダーズ5th Album
『SILENT SUNRISE』release party in NAGOYA
 w/ミラーボールズ、グッドバイモカ

1

2016/10/6 | 投稿者: komori

※暫くの間この記事が2番目に来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

小森清貴
1st solo album
「カトレア」(CD-R)

1 近未来
2 ありか
3 手紙
4 また、ひとりになれたなら
5 カトレア
6 友達になれたのに
7 天国
8 no title song

1000円(税込)


全作詞作曲及び演奏、録音ミックス他:小森清貴
録音:杉並区西荻窪 自宅にて 2015年8月〜9月
ジャケット撮影及びデザイン:柳澤和美


**********************

購入方法
■小森出演ライヴ会場物販

■小森通販
通販ご希望の方は、
〒、住所、氏名、枚数を明記の上、下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。
kiyotakakomoriofficial@gmail.com

代金の支払いは基本銀行振込にてお願いしたく思います。
送料は当方で負担させて頂きます。
ご連絡頂き次第、追ってまたこちらから入金、配送などに関する返信のメールをいたします。
よろしくお願い致します。

■ディスクユニオン(11/20より販売開始)
<取り扱い店舗>
お茶の水駅前店
新宿日本のロック・インディーズ館
下北沢店
吉祥寺店
池袋店
渋谷中古センター
中野店
大阪店
オンラインショップ
http://diskunion.net/jp/ct/detail/1006916391










0

2016/9/17 | 投稿者: komori

 さあ、いよいよこの誰に頼まれたわけでもなく己に課してはじめたセルフライナーも最終章です。

 ライジングサン。アルバムタイトルからも察せらる通り、やっぱりこの曲が出来たから、今作が生まれたんだと思う。

 bloodthirsty butchersの「7月」という曲の、第一回のRISING SUN ROCK FESの映像がYouTubeにあるけれど、未見だったら是非これは観て欲しいなあ。(生で観た方本当に羨ましい)あのライヴが、僕が目指すロックバンドのすべてです。そう言い切れる。ただ、自分は、あれが、やりたいだけ。そう簡単には辿りつけんよ。だからあくせく言いながら、また音を奏でる。

 ただ、寡黙な朝日が昇るような、そんなロックをやりたいんです。意味はいらない。説明はいらない。

 その朝日は希望、なのかな?

 だけれども、例え希望でなくとも、どんな奴にも等しく、ただ、日は昇るんだ。今日もまた、同じように。






さあ、朝だ。

掲げよ、拳、再び。

と、いつでも、誰かが呼んでいる気がするよ。

 
0

2016/9/16 | 投稿者: komori

 メカニカルの次はメタリック。これも先の「MECHANICAL HEART」同様で、冷気的なイメージが念頭にあり、書いた曲。四つ打ちだし、3rd『ハレルヤ』収録の「街の灯」の延長線上でもあるかな。ディスコの狂騒のあとの醒めた雰囲気、というのを、ディスコビートそのもので表現するってのは、機会あればこの先も挑戦していきたいとも思っている。

 はじめ、アルバムのタイトルは「METALLIC DREAM」にしようかなとも思っていた。鉱物が描く、夢。冷たく無機的ながら、ただそこに在るということ、実存、物質としての人間の器官、または楽器、また物理的現象としての音それ自体の実存。それらが描く静的な、夢。

 サイレントサンライズって、結局繋がってるかな。

 遊佐のみにヴォーカルをとらせたのは、自分の中ではPerfumeや相対性理論を意識してたからなんだけど…どうなのかな(笑)。
 
 個人的にアルバムで一番気に入ってる曲。



いよいよ明日は東京レコ発。
0

2016/9/15 | 投稿者: komori

 今作、全編を通してそうなんですが、前作が「熱」だとしたら、「冷気」な部分を表現したかった。前作の反動でしょうかね。人間の、覚めた部分というか、俯瞰的な冷たさとか、そういうの、h
 
やっぱり自分はレディオヘッドで言えば『キッドA』が調度リアルタイム思春期世代なもんで、ロックにのめり込んだ矢先に、一番信頼しれいたロッカーに裏切りを宣告されたというか、ロックの死をはなっか大々的に見せ付けられてしまって、それ若気の至りで妄信してしまって、それらを乗り越えての今に至るのです。

 でも、やっぱり、未だに人間の負の感情、裏切りだとか、蔑みだとか、そういうものが自分の創作の原点になってるの。ブランキーの「ディズニーランドへ」とか、大好きなんだ。

 この曲は、ひどいことうたってるな、とも、思う。でも、大概はこの社会はインプットされたことばの羅列や、インストールされた表情に、常日頃満ちているのではないか、とは、もう物心ついた時分からずっと思っていること。
0




AutoPage最新お知らせ