残念な3つのこと  ひとり言

今週は残念なことが
3つ続いて起こりました

【その1】

ピアノの発表会を録画したSDカードのファイルが
すっかり消えてしまったこと


【その2】

先日買ったばかりの夫の傘を
講演会の会場で
隣の席にすわった誰かが
間違えて持って帰ってしまったこと


【その3】

庭で子育てをしていたヒヨドリが
いなくなってしまったこと




どれも皆
ちょっと残念なことではありますが

冷静に考えれば
どれもこれも
たいしたことではないような気もします


陰陽のバランスを考えれば

これも
神様からの
『恩寵』かもしれないと
思い直しているところです



3

帰ってきたヒヨちゃん 2  幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します

毎朝
カーテンを開けたら
「おはよー!」

外出先から帰ってきたら
「ただいまー!」と

ヒヨちゃんに挨拶するのが
日課になってきました

3

夏越しの祓  幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します

2018年も
半分が過ぎました

前半を
無事に過ごせたことが
まずは感謝です

後半も
健やかに過ごせますように・・・!

クリックすると元のサイズで表示します

水無月の
夏越しの祓する人は
千歳の命
延ぶといふなり


これからの半年を過ごすにあたり
どのような心構えで
日々を生きるべきか
メッセージをいただくために
御神籤をひきました


「吉」

歩きつつ
来つつ見れども
潔き人の心を
吾忘れめや

前進の時
誠意をもって勇敢に努力し
平常心を保って
正直を守れば
速やかに幸運に向かう


こんな
有難いメッセージをいただきました

頑張りますので
神様
応援よろしくお願いいたします




2

帰ってきたヒヨちゃん 1  幸せ話


3年前の夏
庭にヒヨドリの夫婦が巣をつくりました

無事に4羽のヒナが巣立っていったことを
このブログに書きました


その後
巣はそのままになっていたのですが・・・

今日
庭でヒヨドリの鳴く声が聞こえ
ふと見ると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

何と
巣の中に誰か入っています!

いなくなった時に
そっと中をのぞきこんでみたら
卵らしきものが・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ヒヨちゃんが
古巣に
帰ってきてくれたようです

3

姪っ子の結婚式  幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します
5月4日 新幹線の車窓より

富士山は
いつ見ても本当に美しくて
思わず手を合わせてしまいます(^人^)

この度は
横浜に住む姪っ子の結婚式に
参列して参りました


式は人前式で執り行われ
これまでお世話になった
両親や友人・知人への
感謝の心にあふれた
自由で素敵な披露パーティでした


結婚式の形態は
昔とは変わっていっても
人生の大きな節目としての意味は
変わることなく

若いお二人を
まぶしい思いで見つめながら
末長い幸せを
心より祈りました


また
この結婚式に
まもなく卒寿を迎える
夫の両親と共に参列できたことも
大変幸せなことでした

結婚式という
非日常の華やかなセレモニーを通して

ありふれた何気ない日常が
ずっと続くことの幸せに
あらためて感謝することができました








4

九度山と天川村  聖地


4月22・23日の二日
和歌山県九度山と奈良県天川村に
行ってきました

旅の目的は

日常から少し離れて
リラックスし

聖地・霊場のパワーをいただいて
リフレッシュすること

自然の流れにまかせて
非日常の時間を過ごすことができました


クリックすると元のサイズで表示します
女人高野の寺「慈尊院」

御本尊は弥勒菩薩


クリックすると元のサイズで表示します
大石順教尼記念館(旧萱野家)


クリックすると元のサイズで表示します

大石順教さんは
私の人生にとって
不思議なご縁を感ずるお方です


高野山で出家され
萱野家とご親交があったということで
ここに記念館が
開設されたのだそうです


順教さんにお会いしたことは
一度もありませんが
この旅で思いがけず
ビデオを通して
順教さんにお会いし
その肉声を聞くことができました



クリックすると元のサイズで表示します
洞川温泉にある龍泉寺

大峯山で修行していた役小角が
八大龍王尊をお祠りして
ここで水行をしたと言われています


クリックすると元のサイズで表示します
龍の口

クリックすると元のサイズで表示します
水行をする滝

クリックすると元のサイズで表示します
朝の大峯山

飛行機雲が
まるで
龍みたいです


クリックすると元のサイズで表示します
モノレールで山を上ります

クリックすると元のサイズで表示します
原生林の中の苔が美しいです

クリックすると元のサイズで表示します
五代松(ごよまつ)鍾乳洞の入り口

クリックすると元のサイズで表示します
ヘルメットをかぶっていたので
痛くはありませんでしたが
何度も天井に頭をぶつけました

クリックすると元のサイズで表示します
役小角の時代より
修験者が修行をしてきた洞窟


クリックすると元のサイズで表示します
天河大辨財天社(天河神社)

私が
不思議な偶然に導かれて
初めて
天川村のを訪れたのは
今からちょうど20年前の
1998年10月のことでした

その時以来
天河神社は
私にとって
魂をリセットして
次のステージに上がるエネルギーを
与えていただく場所になっています

クリックすると元のサイズで表示します
今日は
鹿の革で太鼓をつくるという
ワークショップに参加した人達が
集まっていて

護摩焚きの神事が行われていました



3

背割堤の桜  幸せ話


宇治川・木津川・桂川の
三川が合流する所にある
「背割堤」のお花見に行ってきました

背割堤には
約250本のソメイヨシノが
1.4kmにわたって植えられています

桜に引き寄せられて
花の数と同じほどの人が
集まっていました

大勢の人々に混じって
延々と続く桜色のトンネルを歩いていると

現実と夢の境目がわからなくなるような
不思議な感覚になりました


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

さまざまこと
思い出す
桜かな

芭蕉



今年も
美しく咲いてくれて
アリガトウ

4

お伊勢参り  聖地


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3月23日
伊勢神宮を訪れました

ならい通り
外宮から参拝し
内宮へと向かいました

五十鈴川に手を入れると
心地よい冷たさを感じました

内宮の石段をのぼり
少し列に並んで
いよいよ自分の番になりました


手を合わせ
心に思うところを
祈りました



あの白い御帳が
ふわりとあがり
奥のご本殿が正面に現れました


しばしの間
心を打たれて
その場に立ち尽くしていました


まわりの人々や音が
ほんの一瞬消えて
たった一人になったような気がしました


神様からお許しをいただいた
御しるしのように感じました


本当にありがたいことです




今回は
お神楽の奉納もさせていただきました


清らかで
全てが調和した
崇高なお神楽でした


神様に御供えするということは
こういうことなのだと
実感させていただきました


感謝です


2

ブラックホール合体!重力波  不思議なこと


クリックすると元のサイズで表示します

先日地下鉄の中で見つけた 

「ブラックホール合体!重力波」

という広告がとても気になって

昨日は
大阪市立科学館のプラネタリウムに行ってきました


実は
20年ほど前に
この世の真理がしりたくて
色々な本を片っ端から読んでいた頃

アインシュタインが
1916年にその存在を予言したという
「重力波」という言葉を知りました

ただ
その本が出版された頃は
まだその存在を証明することができていないと
その本には書かれていました


ところが
アインシュタインの予言から
ちょうど100年後の2015年

重力波望遠鏡「LIGO」(ライゴ)により
世界で初めて重力波が直接観測されたのだそうです


そして翌年には

この重力波が
なんと30億年も前に
二つの巨大なブラックホールが衝突したことにより
発生したものだとわかったそうです


その重力波によって
空間のゆがみができたというのですが

その歪みの大きさはというと・・・


夜空に一段と明るく光っている
あの「シリウス」と地球との距離が

「髪の毛1本伸び縮みする程度」

なのだそうです~(*.*)~


なんだか
スケールが大きすぎて実感できませんが

この重力波の検出に対して
2017年にはノーベル賞が与えられたほどの
正に世紀の大発見だったらしいです


この宇宙は
「神(=創造主)が自らを知るために生まれた」
という説を
以前読んだことがあります


そうだとしたら
この壮大な宇宙の片隅の
太陽系第3惑星において

「神が自分自身を知る」
というプロセスが
一つの完成に向けて
いよいよ盛んに
進行しているような気がしてきました


そんな時代に
この地球で生きていることが
なんだかとても嬉しくて
ワクワクしてきました!


















4

神・・・大いなる力への確信  ひとり言


昨日は振替休日でした

夕方5時過ぎより
楽器店主催のピアノ発表会があるので
4時には家を出る予定でしたが
それ以外は特にすることもなく

体を少し休めたいという思いもあって
朝はいつもよりゆっくりと寝ていました

遅めの朝食をいただいた後
これから夕方まで何をしようかな。。と思いつつ
ふと何気なく窓辺を見ると

先日植えた「コーヒーの木」のポットに書かれた文字が
目に飛び来んできました

クリックすると元のサイズで表示します

Blessed is the man
that trusteth in the Lord,
and whose hope the Lord is.

Jer.177



「神の存在を信ずる人は祝福されます
神はその人の希望です」

そんな意味でしょうか。。。


聖書の中の言葉のようです

気になったので
本棚の前に行き
一番上の段の奥の方に入っていた
聖書を取り出してみました


クリックすると元のサイズで表示します

この文章は
旧約聖書の中にありました


「祝福されよ、主に信頼する人は。
主がその人のよりどころとなられる。」


と 書いてあります


なるほど。。。と思いつつ
聖書をもう少し読んでみたくなりましたが

そうはいっても
全部読むのはなかなか大変です


確か何年か前に
旧約聖書についてコンパクトに書かれた
本を読んだことを思い出し
本棚の奥の方をもう一度探してみました

すると
「旧約聖書入門」(三浦綾子著)が
出てきました

クリックすると元のサイズで表示します

本の裏表紙に
「1996年6月」と書いたメモがありました

夕方までの時間を使って
この本を
22年ぶりに再び読んでみることにしました


あるところまで読み進めると
赤いラインをひいたページがありました


クリックすると元のサイズで表示します


「神の知恵とそのみ心は、人間には計りがたく、
きわめがたいものなのだ。

だから、人間にとっては
『神がいられる!』
という一事がわかれば、
それで充分なのだ。


あとはすべてを神にゆだね、託すればよいのだ。

人間の考えをはるかに超えた、神の配慮を喜べばいいのだ。

人間の知恵は、しょせん頼むに足りない。

神への全き深き信頼、それが信仰なのである。(中略)

ヨブは神から答えはなくとも、平安を得たのである。」


22年前
私はここに書かれていることに
少なからず
心を動かされたのだと思います

しかし
当時はまだ
『神』という存在に対して
今ほど確信が持てないまま

心が揺れていたような気がします



その後
心の旅路をたどる中で
2018年の私は

それをあえて言葉で表すとしたら
『神』と言えるような

『宇宙の力』
『大いなる力』 

そのような
人智をはるかに超えた
『目に見えない力』の存在があるのだと

しずかに『確信』するようになりました


この本を
22年ぶりに開いたことは

そのことに気づかせていただくための
正に
「神の配慮」だったのでしょうか・・・



本を閉じて
ふと植木鉢に目を移し
はっ!としました


そもそも
この植木鉢に書かれていた言葉そのものが

「神の存在を信ずる人は 祝福されます」

でした!




感謝です




3

厄明け御礼  幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します

女性の厄年は

数え年で
19歳 33歳 37歳
そして還暦の年 61歳です

それぞれの厄年の前後は
前厄 後厄となりますので

今年数え年63歳の私は
節分を機に
晴れて「厄明け」となりました

というわけで
一昨日
石清水八幡宮に
「厄明け御礼参り」に
行ってきました


宮司さんの唱えて下さる祝詞を聞きながら
厄年の3年間を
無事に過ごすことができたことを感謝し

これからも
清らかな日々を過ごすことができますようにと
祈りました

そして
今日は立春です

新たな季節が始まりました

私にとって
心の高揚する新しい出来事が
今まさに始まろうとしています

全てに感謝しつつ
その喜びを
周りの方々と分かち合いながら
少しずつ前に進んでいきたいと思っています


4

良い気持ち!  幸せ話


2018年のモットーを
考えるにあたり

今年の干支「戊戌」(つちのえ・いぬ)について
検索してみました↓
kirakira-plusより抜粋


陰陽五行において
「戊」も「戌」も共に
「陽の土」となり

このように同じエネルギーが重なる状態を
「比和」と言って
そのエネルギーがさらに高まり盛んになる

そして
五行でいう「戊(土)」の性質はというと

「万物を育成し保護する性質」

「四季の移り変わりの象徴」

また
戊(つちのえ)は
植物の成長で例えると絶頂期にあるという意味があり

2017年までの努力や成長・豊かさが
2018年には
さらに増加し絶好調となるという意味がある


2018年をさらなる成長の絶頂期の年にするためには
常に前向きに努力を続けるということで

新しいことでも
良い気持ちでいることが大切

(以上 抜粋)


このようなメッセージを受けて

今年のモットーは

「良い気持ちでいること!」



周りの人や状況が
低エネルギー状態にあると気づいたら
思い悩むことをせず

なるべくその場から離れて

自分の心の状態をチェックして
感謝の言葉・祈りの言葉を唱えて

心楽しくいることを選んで
日々を過ごしていきたいと思います!


そして
出来る限り

美しいものを見
美しい音を聴き
美しい言葉を発し
美しい心でいたいと思います


クリックすると元のサイズで表示します
楽しい気分で過ごしましょう!


クリックすると元のサイズで表示します
兵庫県立美術館  大エルミタージュ美術館展



6

2018年初みくじ  愛のメッセージ


新年 明けましておめでとうございます

今年は
元旦に実家に参りました

父が老人ホームから一時帰宅し
家族が揃って
久しぶりに家でゆっくりとした時間を
過ごすことができ
感謝に満ちた年の始めとなりました

夫の両親も
それぞれに病をかかえてはいるものの
心は晴れやかで
穏やかなお正月を迎えておりました


お蔭様です


クリックすると元のサイズで表示します

二日と三日は
日頃ご加護をいただいている
ご縁のある神社に
初詣に出かけました


今年も
行く先々で御神籤をひきました


御神籤はまさに
神様からのメッセージです!


何度も読めるように
持ちかえってノートに貼っています


クリックすると元のサイズで表示します

今年は

大吉4 吉1 小吉1 未分上昇運1 凶1

と出ました


「大吉」はもちろん嬉しいですが

むしろ今回は

「凶」にかかれていたメッセージが
最も心に響きました



降る雨も慈雨と
考え直す心持ちを持つならば
好転の兆しが現れる




神様のメッセージは
どんな時も
愛があふれています


   

6

豆苗の再生  幸せ話


豆苗(トウミョウ)は
エンドウの若菜です

一度使っても
水に浸しておくだけで
再生してもう一度収穫できます



クリックすると元のサイズで表示します
11月1日  買ってきた豆苗をパックから出して水につけました

クリックすると元のサイズで表示します
11月2日  料理に使うため根元を少し残してカットします

クリックすると元のサイズで表示します
11月6日  新しい芽が伸びてきました


クリックすると元のサイズで表示します
11月8日  緑の葉が茂ってきました  


クリックすると元のサイズで表示します
11月10日 勢いよく成長しつるも少し出ています


クリックすると元のサイズで表示します
11月12日 お日様に向かって元気よく育っています

見ていると
なんだか切って食べるのが
可愛そうになってきました。。。 

わかってはいることですが
私たちはいつだって
生き物の命をいただいているのだということを
豆苗が
あらためて思い出させてくれました
    

4

Happy Birthday !  幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します

夫と一緒に
小さなケーキを買ってきて

長いロウソク6本と短いロウソク1本をたてて
火をつけました

ささやかだけれど
とても温かな幸せを感じます


今年もまた一年
与えられた命の炎を燃やして

自分の周りを照らし

自分自身も
照らしていきたいと思います


これまでの人生に
そして
これからの人生に


あふれるほどの
感謝の心いっぱいで
61歳も頑張ります!






4




AutoPage最新お知らせ