2012/11/28

木製 1/150 姫路城  




木製 1/150 姫路城




国宝姫路城の木製模型です。 国宝姫路城は梯郭式平山城で、姫山(標高≒46ートル)の上に、池田輝政(1601年慶長6年から9年をかけ築城。)により建てられた。   5重6階の大天守と3重の小天守(東小天守・乾小天守・西小天守)で構成され、各天守の間は2重の渡櫓で結ばれる「連立式天守」である。   大天守は2重の入母屋造りの建物を基部とする望楼型で、壁面全体が白漆喰総塗籠で造られ、入母屋破風・唐破風・千鳥破風の曲線が、 また窓には格子がはめ込まれ、唐破風下に出格子、西小天守・乾小天守には火頭窓が用いられて、それは白鷺の舞いたつ姿を思わせ、   繊細で秀麗な城は別名『白鷺城』といわれる。1993年世界文化遺産に登録され、城郭遺構として軍事的、芸術的にも世界一の白亜の名  城として知られている。  別売:建築ケースD(価格 10,500円)


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ