タイトル

2007/12/7  22:42

パンズ・ラビリンス  Guarby座

こっちでは今日までの一週間限定公開。
しかも一日二回だけって事で、
忙しかったけど妻と二人で時間作って
観てきました。
クリックすると元のサイズで表示します
今年のマイ・ベストです。
久々に映画を映画館で観た!って気分。
映画を映画館で観るって事は当たり前の事...
の筈なんだけど、どうも最近のハリウッド物や
邦画にはその気分が希薄だったような感じがしてたのよ。

パンズ・ラビリンスを一言で感想を言うと
とってもクラシックな香りがする作品。
名作と呼んで宜しいんではないでしょうか?
(もう少し短くまとめてもよかったも知れませんが)
息子にはハリポよりもこっちを観せたいよ。

とにかく、ギレルモ・デル・トロは凄い。
でも、とても意地悪だよ。あそこで終わらないなんて。
ん?ラストがあるからこそ名作に感じられたのかな?
複雑な気分。

あいつ、スペル星人がモチーフじゃないかな(笑)
0
タグ: 映画 DVD ビデオ



2007/12/9  21:59

投稿者:Guarby

>doudeshiyouちゃん
衝撃的でもあるけど
どちらかと言うとシミジミって感じの
名画です。流石アカデミー撮影賞受賞作。
画がとても綺麗なんです。
森口さんは水の星歌った?

>さんがっつさま
僕もあっちの世界がメインだと思ってたんで
ガツンとやられました。
残酷だけどこれが人生の悲哀!って感じっすね。
ハリウッドだったら絶対あそこで終わるでしょ。

http://love.ap.teacup.com/guarby/

2007/12/9  18:24

投稿者:doudeshiyou

観ていないので何とも言えませんが
かなり衝撃的な内容で観たくなりました(^^)

今日、渋谷HMVでの森口博子のミニライブと握手会
行って来ました。当然生の森口さんと握手してきやした。
すんげく艶っぽかったっす(▼∀▼)

http://yellow.ap.teacup.com/doudeshiyou/

2007/12/7  23:12

投稿者:さんがっつ

予告を見ただけだと「ロード・オブ・ザ・リング」
や「ナルニア国物語」なんかの児童文学ファンタジ
ーのたぐいと思ってましたからね。
見たら衝撃ですよ。
「キャメロットガーデンの少女」も同種の衝撃を受
けますが、残酷さは「パンズ・ラビリンス」の方が
上ですね。

スペル星人!アッシはやはり妖怪「手の目」かと。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ