ちばわんから迎えたピントと飼育放棄されて行き場のなかったウェスティのロビン、そしてブリーダーからレスキューしたチワワのジル、預かりっ子の後我が家に迎えた愛紗の4頭との日常に時々卒業わんこの近況などを織り交ぜて綴っています。

2017/9/25

歯石取り  ジル&愛紗

24日は歯石取りの日でした。

今回もわん友さんが集まってくださって楽しい女子会となりました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで施術してくださいます。

ジルも愛紗もおとなしくゴロンしてお口もちゃんと開けるんですよ、いい子でしょ♪

クリックすると元のサイズで表示します

ジルは先生のお気に入り〜笑

「可愛い可愛い」と言ってくださいます。

とっても優しくて可愛らしいお声の先生なのでジルも愛紗もリラックスできるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

愛紗も落ち着いた顔をしています。


クリックすると元のサイズで表示します

今日の参加わんこのうち唯一の男子、蘭之介君(^^♪

愛紗とご挨拶してくれました。

はにかみ屋さんの蘭ちゃんですけど落ち着きがあって立派な男子になりました。

二人とも可愛い〜〜!!いい写真が撮れました。



女子会解散後、車中はこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

あはは〜、お疲れさんでした笑


次回まで歯磨き頑張らなくちゃね!

って頑張るのはママですね〜〜汗


今日は女子会メンバーと楽しい時間を過ごせて久しぶりに沢山笑うことができました。

皆さん、ありがとうございました!
2

2017/9/21

待たせて買い物は。。。  今日の出来事

昼休みを利用して買い物に出かけた帰り道、スーパーの前に1匹の黒柴ちゃんがいるではないですか。

通りすがる人も眺めるだけで行ってしまう。


見ると大き目のウエストポーチとリードが繋がれていてその状態でズルズル少しずつ移動しています。

その上折からの風で犬の傍ののぼり旗がはためいてその度にポールが何かに当たって金属音を出していて音がする度にウェストポーチを引きずってウロウロしてます。

音に怯えて落ち着いて座っていられないのです。

「どうしたの?」なんて声をかける人はいても犬が寄って行こうとするとさっさと店内に消えてしまう。


黒柴ちゃん、綺麗に手入れをされていてお守りまでつけてもらって大事にされているので置き去りではないとは思ったのですが。。。

大き目のポーチからして飼い主は男性かな?



中で買い物しているんだろうな。


「1人じゃ不安だよね、一緒にいてあげるからね」と声をかけるとやっと私の傍にチョコンと座った黒柴ちゃん。


程なくして愛犬のそばに変なオバサンがいるのを見て急ぎ足で飼い主さんが戻ってきました。
案の定男性でした。

音に怯えていたからそばについて待っていたことを伝え、最後に大きなお世話だけど「気を付けてあげてくださいね」と言ってしまった私。


本当はもっと言いたいことはあったのですけれど^^;



お店の前に繋いで待たせて買い物できる人の心境っていったい。。。??

外で多くの人の行き交う場所で一人にするなら安心安全な自宅で待たせたほうがよほどいいと私は考えています。



連れ去りや事故の可能性だって考えられるのに愛犬をそんな危険に晒すなんて。。。


動物に「絶対」はありません。

思いつく限りの「もしも」から愛犬を守るのは飼い主だと私は思っています。


黒柴ちゃんのおかげで自分はきちんと守れているのかを考えるいい機会となりました。
4

2017/9/16

検査2種  愛紗

かねてより胆泥のため漢方治療を続けている愛紗ですが3ヶ月をメドに経過をみるための超音波検査とアレルギー検査を受けてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

画像中央の黒い部分の右下に白く映っているのが胆泥で治療開始時の3分の1になっていました。

薬の効果があって良かった!
もうひと頑張りお薬を続けます。

アレルギーについては時々目が充血したり目を痒がったりすることがあったりチュアブルタイプのフィラリア予防薬などで下痢をしたりということがあったので調べることにしました。


ほぼ一日を初めて別々に過ごしたジルと愛紗。

ジルに至ってはたった一人でお留守番を初体験の日となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ジルと愛紗の大きさが同じように写っちゃいましたね。


愛ちゃんが帰ってきたらずっと離れない二人。ホントに仲がいいねぇ。



二人とも今日は良く頑張りました。

3

2017/9/15

法話  ピント

その小さな壺は大きな悲しみですが、その壺に入った老犬は、ひと休みする場所に戻ったのです。

そのひと休みする場所は、日に日に若返る場所なのですよ。やがて何年か経ち赤ん坊以下に若返った時、別の命としてこの世に戻って来るのです。

身近な者がその死を嘆き悲しむその度が過ぎるとその命は中々若い時に戻れません。

ですから早く次の命になるように、祈りを捧げて下さい。




これは小さな骨壺に納まってしまったピントを連れ帰ったことを知った知人が伝えてくれたものです。


法話だそうです。


心に染み入る言葉です。


飼い主がいつまでも悲しい顔をしていると心配してなかなか昇っていかれず途中で迷子になって虹の橋に辿り着けない、とも聞いたこともあります。


寂しいけれど笑顔を見せてお空のみんなに早く生まれ変わってもらわなくてはいけませんね。
4

2017/9/12

虹  ピント

ピントが旅立って1週間が経ちました。

無事に虹の橋へ辿り着いて先に逝った仲間と出会えただろうか。


そんなことを考えながら歩いていたら虹がかかっていました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


あまりに綺麗な虹のアーチなので急いで撮りました。


綺麗な虹を見せて無事に着いたと知らせてくれたのかな。。。



ふつふつと湧き上がる寂しさと闘ってます。




3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ