ちばわんから迎えたピントと飼育放棄されて行き場のなかったウェスティのロビン、そしてブリーダーからレスキューしたチワワのジル、預かりっ子の後我が家に迎えた愛紗の4頭との日常に時々卒業わんこの近況などを織り交ぜて綴っています。

2018/5/21

順調だそうです  ジル

ジルを連れて病院に行ってきました。

まだ3週間弱しか経っていませんが経過を見るためレントゲンを撮りました。


クリックすると元のサイズで表示します

向かって右側が骨折直後の写真で左側が今日の写真です。


赤く囲んだ部分が患部ですがうっすらと骨化形成がみられます。
モヤモヤして写っているのがそれです。


経過は順調だそうです。



ほんの少しホッとしました。


でも、たとえ装具が外せてもリハビリが待っています。

落ちてしまった筋肉を戻しちゃんと歩けるようになるまではまだまだ安心はできません。

ジルにはまだまだ不自由な思いをさせることに変わりはないのです。

少しでもストレスのないよう色々考えて行かなくてはと思います。


早く装具が外せますように!

2

2018/5/14

少しずつ馴れてきました  ジル&愛紗

今度の固定で外れることは解消されました。

ジルもだいぶ馴れてきて動けるようになってきました。


長くかかるのでジルに馴れてもらうしかないのですが小さいながらも芯の強いジルは状況を受け入れていたって平静に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうと欠伸しているところが撮れました。


クリックすると元のサイズで表示します

愛紗はどんな預かりっ子がきてもすぐに仲良しになってくれます。

ビビリで引き籠りだった子ですが愛紗がいてくれるおかげで馴れないところで不安だらけの預かりっ子はずいぶんと助けられていると思います。


クリックすると元のサイズで表示します

ルチアもすぐに愛紗と仲良しに♪


不思議ちゃんだけど気立ての良さは天下一品です。
2

2018/5/12

装具の付け替え  ジル

装具が外れかけてきたので付け替えに行ってきました。

そもそもジルが小さすぎて適当なサイズの装具がないのですよ〜(-_-;)


先生とあれこれ知恵を出し合って新しい装具はこんな感じになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

肩もテーピングしたせいか前より歩きにくそうですが仕方ありません。

ベッドで排泄してしまうのも致し方ありません。

トイレまで歩いていくことがジルにとってはかなり辛い状態なので。


本当に返す返す可哀相なことをしてしまいました。

文句ひとつ言わずに頑張るジルに少しでもストレスのない環境を作ってあげなくてはと強く思っています。
3

2018/5/9

ジル骨折  ジル

ジルが骨折してしまいました。

どうやらパパがベッドへ降ろす時にアクシデントがあったらしいです。


痛みで足をつくことができない姿を見て「これはただ事ではない、大変だ!」と感じました。

1軒目の病院では骨折の疑いと言われましたがもっと設備の整った整形の専門医のいる病院を受診したところやはり骨折と判明しました。



クリックすると元のサイズで表示します

真ん中の指が折れています。
ジルの場合は骨が細くて手術は不可能なのですが折れたのが1本だけだったことも幸いして包帯固定で経過をみることになりました。

順調にいっても2〜3ヶ月かかるらしいのでジルには不自由な生活をさせることになってしまい本当に可哀相なことになってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します


足が地面につかないように浮かせて固定しています。


起きてしまったことをあれこれ責めても仕方がないですけどね。。。



ジルの痛々しい姿をみると切ないやら悲しいやら。

命に係わることでなくて良かったと思うしかないか。。。





0

2018/5/3

副鼻腔炎  今日の出来事

かれこれ2週間位前から鼻水クシャミが続いていて風邪?花粉症?でしたが一昨日ついに右顔面が激痛になり、連休前に何とか薬だけでも確保しないとと急いで耳鼻科へ走りました。

結局風邪が元の副鼻腔炎でした。


早目に治さないと蓄膿症になったら厄介ですからね、抗生物質と鎮痛剤飲んで痛みと闘っております。


もう、せっかくの連休だというのになんてこった!


今日はかなり回復して動けるようになりましたが薬が切れる頃になるとまだ右半分の顔面痛が襲ってきます。


新しい預かりっ子も来ているし色々しなくちゃいけない用事もあるんですけどね〜汗


取り急ぎ預かりっ子ちゃんのお顔だけご紹介です。

クリックすると元のサイズで表示します


名前はルチアにしました。

愛知県のセンターからレスキューされたブリーダー持ち込みの子です。

性格は文句なしの花丸ちゃんです。



長いこと過酷なブリーディングを強いられてきたこの子を幸せにしてあげたいと思います。
どうぞ応援宜しくお願いします。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ