2008/9/16  18:49 | 投稿者: シモテング

昨日、ケン白さんとバイキングさんが遊びに来ました。

御2人は仲の良い、従兄弟同士であります。

バイキングさんは、遠乗り会のときに乗ってきたホンダCS90

そして、ケン白さんは例のアレでやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

イッタリアーンなマッシーン

クリックすると元のサイズで表示します

マランカ125cc

クリックすると元のサイズで表示します

2stツインのにくいヤツです。

タンクのラインはメーカー刷毛塗り!

サイドカバーはなんとホーローらしいです。

光栄にも試乗させてもらいました。

面白かったですよ!

2stらしい加速感が堪能できました。

ブレーキもちゃんと効きが良くて、安全にぶっとばせそうです。

残念ながら、同時代の国産車に乗ったことが無いので

比較はできませんが、トーハツ・ツインアローや、

LD3が完成したとしても、到底かないそうにありません。

あたりまえですね。

1

2008/9/13  23:31 | 投稿者: シモテング

ガスも入って気を取り直し車含む10名は

国道136号を北上、昨日来た道を戻ります。

帰りは下りが多いと睨んだのですが、すぐに玉砕。

やはり低速でエッチラオッチラです。

ベスパ勢は、2stの静かすぎでも無く、うるさくもない乾いた排気音で

余裕綽々の登坂です。

自分の好みでは、テロ君の音がここちいかったです。

たぶんバイキングさんの予定では、土肥から136号ではなく

県道で海沿いを北上したかったのではないかと思われますが、

既に先頭グループは、伊豆市の方へ向かってしまったので、

まったく同じ道で帰ることになりました。

一方セルペットは、最下位に転落したので開き直り

エンジンに負担をかけない乗り方にシフトします。

流石に車間が開きすぎたので、下りでもスローペース。

ギアをニュートラルにいれて、慣性走行のんびり景色を楽しみます。

ひと山下りきった所で、先行隊が休憩がてら待っていてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

ナイスな所を選んだものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、私の好きな映画監督 山下敦弘の作品「くりぃむ・れもん」のロケ地です。

(あの伝説のエロアニメの実写版です。)行ってみたかったのですよね。

しかし今回は中には入らず、脇の土産物屋でお買い物。

土産物屋の中には、何故か鳥類の剥製が多数展示されている。

巨大な鷲やフクロウ、はたまたセキセイインコまで。(残念ながら写真なし)

ちょっとした異空間遭遇です。

クリックすると元のサイズで表示します

浜松組のM君は、ジムニーも(フィーリングは、)バイクみたいなもんだから、

楽しいよと言っておられましたが、

やはりどうせならバイクが良いのでは?と思ったりします。

天狗スピードクラブの遠乗り会は、ポンコツバイクラリーが目的みたいなもんですし。

故障車をあざ笑いながらも、楽しくトラブルに挑むのも天狗チームならではですから。

さて問題のカブOHV対OHCは、先頭グループで白熱してたようです。

いい勝負してたようですね。うらやましい。

あたりまえですが、甲乙はつけがたいでしょう。

ハゲヤマ君はOHCに乗ってないので、両車所有の浜天狗さんに軍配をあずけるってとこで…

次のチャンスには、私もぜひ混ぜてほしいものです。

朝食を採ったせいで、腹の調子が悪くなった私をしりめに、

先ほどのスタンドでガスを入れ損なったゲストNさんとバイキングさんは

一足お先に出発。そしておっかけ合流。

自動車優先道路などを間違いながら、伊豆の国市をぬけて三島市へ

ここで浜松組とはお別れですが、すでにM君とははぐれてしまっています。

浜天狗さんは曰くなんとかなるでしょとのお話。

お別れ前に飯でも食おうかと提案し、ハゲヤマ君はラーメンでも何でも良いと言ったら、

そりゃ麺類好物のバイキングさんは、すぐに幸楽苑に入りますよ。

Y先輩だって、ラーメン屋でカレー食べますわ。

食後名残惜しくも、浜天狗さんは国道1号線でお別れ。

本来ならこの遠乗り会で、バイキングさんから納車され、

このままベンリィで大阪に帰るはずのナニワ天狗さんでしたが、

とても乗り切れないということで、一旦は東京に戻り

改めて後日引き渡す手順になりました。

残るは再び箱根越え、そして小田原へ。

市街にて再度給油したおりに、ケン白君のベスパにトラブル。

シートが閉まらなくなってしまう。

閉まらなくたって、走るし帰れますがちゃんと修理。

ここで11番スパナという、国産車では中々使わない工具登場。

ちゃんと携えてるのが、ベスパ乗りってもんですな。

この先予定では国道255号線で、国道246号線にもどる所でしたが、

私の提案で。1号線のまま東京まで行こうということになり、

ハゲヤマ君とは途中、国道129号線でお別れ。

再度休憩時に私のタンクはスッカラカンになっていました、

ガソリンコックがちゃんと治ってないため、リザーブが使えないのです。

慌てて近くのスタンドに入った時、ゲストNさんからお薦めのオイル

クリックすると元のサイズで表示します

「ひましじゃけん」を分けていただきました。

結果を先に言いますが、これがすばらしく良かった。

今までの吹け上がりより明らかに軽いし、バラつきがなくなった感じ。

複数試した2stオイルの中では、飛び抜けた良さが感じられた。

しかし何故か、スタートトルクが薄くなった気がしたのは、

この遠乗りで、ピストンリングが減りまくっただけではないとも思うが、

でも綺麗に上まで回るのだね。

これからは、このオイル中心で試してみようかと思った次第。

休日の一般道は、夕方になるに連れて交通量が増していき

横浜を抜ける頃には、街の喧騒が楽しかった旅も

終わりに近づいてきたことをしらせてくれます。

青々しい空が、排ガスと西に傾いた日差し色のグレーに変わっていく頃

気分をアンニュイにさせる、8月最後の休日。

バイクは、大人?なカスタムできめてますが、心は中2。

しかし終わらない夏休みは無い(有職者に限る)と心に刻みつつ、

ベスパ組3名とは、環八交差点でお別れ。

クリックすると元のサイズで表示します

夕闇とともに、東京タワーが出迎えてくれます。

この先皇居周辺で、バイキングさん・ナニワ天狗さん・Y先輩と別れ、

1人家路に向かいました。

我が家に到着直後、近頃話題のゲリラ雷雨が襲ってきました。

またもや間一髪のセーフ!

真の晴れ男はいったい誰なのでしょうか?

今回の遠乗り会では、天気予報に反してすっかり晴天に恵まれました。

誰かさんありがとう!

そして次回も頼むぜ!




0

2008/9/13  19:29 | 投稿者: シモテング

うかうかしてたら、2週間が経とうとしてます。

歳をとると月日があっという間に流れますが、

更新をおこたる理由にはなってません。

かくして、無事に浜松チームと合流した後に

再び国道136号線を南下。

一同は雲見温泉に向かいました。

楽々トルクのCT110に対して

こちらやはり登り坂ではおいて行かれてしまい、

肝心の対決は、残念ながらちょっと無理そうです。

あたりまえですな。

集合場所から30分ほど走行したところで宿に到着。

とたんにバケツをひっくり返したような雨

間一髪セーフです。

クリックすると元のサイズで表示します

今回お世話になった宿 「温泉民宿さかんや」



毎回ながらバイキングさんの手配には、あっぱれです。

食べきれないほどの料理の数々。

蟹が出たり、船盛りが出たりと贅沢な夜の宴です。

珍しく飲酒派が多い今回は、またもや馬鹿トークで盛り上がります。

中二チューン(情熱にセンスが追いつかない改造が施されたバイク達)

の話では、浜天狗さんと意気投合。

やっぱり夜中になってしまいました。

早く寝たかった方、うるさくてスイマセン。

いつもなら、大部屋でみんなで寝る所を

今回は3部屋とってあったため、ゆっくり寝れた方もいたと思います。

ここもやはりバイキングさんの配慮かと思われます。

そりゃ飲まない方々にとっては、いい迷惑ですもんね。

一夜明けて、朝食もふだんより豪華でした。

いつもは腹の調子が悪くなるので食べない私も、

結構食が進みましたよ。

まぁ後でやっぱり調子を崩しますが‥

荷造り後出発前に、宿の前でプチ試乗大会

クリックすると元のサイズで表示します

アーデモコーデモ始まりますが、宿にも迷惑がかかるので早々出発

とたんに、Y先輩のイーハトーブに異変?

ガソリンコックOFFのまま走行して止まってしまったが、

タンクを覗けばほぼ空状態。

タンクが小さいのは、かっこは良いのですがちっと不便。

しょうがない。かっこいいんだから。

せっかくなので、数名はここで給油します。

しかしこちらのスタンドでは、ハイオクをあつかってないため

ゲストNさんは給油断念。

原油高騰の為でしょうか、そんなスタンドあるんですね。


次回感動のフィナーレ

0

2008/9/6  0:01 | 投稿者: シモテング

あっという間に時間が経ってしまい

更新はすっかり遅れて、ツーリング後1週間も経ってしまいました。

遅くなりましたが、続きます。

先行部隊 わたし・ハゲヤマ君・Y先輩・ラテン系Mさんは

小雨の中、三島市街に近いところのバス停で後続部隊を待ちます。

その間に、私の車両も調子が悪いとメンバーにカミングアウトします。

ハゲヤマ君は、予備パーツを誰かに車で持ってきてもらえ等と

現実味の無いことを言いますが、こんな山中でクラッチ側ケース割ったり

私のためにパーツを持ってくるような神様みたいな人はいる訳無いので、

とりあえず簡単に調整できる

クラッチワイヤーの引き代をいじることで対処しました。

エンジンから出たと思われる振動で調整ナットも緩んでいたので

手で目一杯遊びをなくすようにすると、

キックに手応えならぬ足応えが出てきました。

これならなんとか持ちこたえられそう。

そして本日の昼食の予定、うなぎをゴチしなくてもよくなりそうです。

ここでもう一度、ケン白さんに連絡をとると

バイキングさん、どうやら無事に再スタートできたらしい。

昼食はみなさん自腹決定。

ちょっと残念。

合流後、国道一号線から国道136号線を左折

しばらく行ったところ「和食処・御殿川」で昼食

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

みなさん豪華なメニューに目移りします。

わたしは好物の1つである「ひつまぶし」(写真上)をいただく

最近は静岡方面に行くと必ず馬鹿みたいに食べてます。

値は張るんですが、旅の贅沢と言ったところでしょうか。

店を後にする頃には、雨はすっかりやんで青空が見えるほど。

天が味方しはじめました。ちなみにY先輩は猛烈晴れ男です。

カッパを脱ぎ再び一行は国道136号を南下します。

ここでしばらく、ハゲヤマ君とバイクをスワップします。

久しぶりのOHVカブ系エンジンもさることながら、

深川の師匠の手による調教で、文句なしのフィーリング。

スポカブも良いなと思うが、まあ財政面で無理でしょう。

一方私のセルペットもお世辞かもしれませんが、楽しんでくれたようです。

市街地を抜けて峠道に入る前に、車両を持ち主にかえしまして

再び登り坂の苦行(みなさんはグイグイ登りますが)に入ります。

目指すは、浜松から参加していただいた方との待ち合わせ場所

伊豆長岡〜修善寺を抜けて、土肥温泉に向かいます。

こちらは小排気量の宿命ゆえ、後半のわずかな下り坂に一気に勝負をかけます。

無謀運転でご迷惑をかけてすいません。

なんとか先頭集団に追いつき、ここからが名バトルという所で

一般車に追いついてしまってあえなく終了そして、集合場所に到着。

浜松からの2名とご対面で総勢過去最大規模の10名になります。

彼らはバイキングさんとのつながりで、前回の浅間ミーティングに参加しました。

その時にお2人と私そしてハゲヤマ君でカブ談義で盛り上がり、

OHVカブ対OHCカブ対決実現のため、今回のツーリングに参加願ったしだいです。



肝心の参加車両は、

東京側は、1台スズキに変更しちゃってるし、

浜松側は、OHV肯定派であったS君こと浜天狗さんは

ホンダCT110・オーストラリア仕様

そしてもう1人熱くOHCの良さを語っていたMさんは、

スズキ・ジムニー550!

それ車やんけ!

まだつづく
0

2008/9/1  0:19 | 投稿者: シモテング

今年の夏は、温暖化だの異常気象だのと巷では話題というよりは、

挨拶に昇華するほど、暑さと豪雨の目立った日々ですが、

そんな8月30日〜31日に天狗スピードクラブ遠乗り会がありました。

数日前から、曇りのち雷雨みたいな予報が続いており、

雨の旅になることの覚悟を決めて、朝7時前自宅を後にしました。

第一集合場所には予定より少し早く到着。

晴れ男の異名を取るY先輩が既にいらしておりました。

ふと空を見上げれば、雨がやみ始めました。さすが!

そのうちに続々参加者が到着。

今回は大所帯、最終人数は10人になります。

ここでの集合メンバーは、

わたし(スズキ・セルペットM15 50)

ナニワ天狗さん(ホンダ・ベンリィC92 125)

Y先輩(ホンダ・イーハトーブ TL125)

K君改めバイキングさん(ホンダ・ベンリィCS90)

ケン白さん(ピアジオ・ベスパ50S改)

テロさん(ピアジオ・ベスパ125GTR)

今回ゲスト参加ラテン系Nさん(ピアジオ・ベスパP200改)

7台で国道246号を南下、第二集合場所に向かいます。

そこではハゲヤマくん(ホンダ・スポーツカブ C110改)と待ち合わせです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

みんなもうカッパ脱いじゃって、なんだか天気に回復の兆しを感じます。

ハゲヤマ君の到着前後、しばし談笑の後さらに246号を南下

途中小田原方面に折れたあたりで、又雲行きが怪しくなってきました。

みなさんカッパ装着した直後本降りに。

一行は雨の中、国道一号に入ります。

そしてその先は旧道を使っての箱根越えが待っております。

私の車両以外は、ものともせずにグングン山道を駆け上がっていきます。

以前から滑り気味だったクラッチがそうとう負担がかかったらしく、

芦ノ湖に着く頃には、キックスタートが出来なくなるほど。

当チームでは故障した場合、全員に御馳走しなくてはいけないルールがあります。

なんとかごまかしながら、三島に下りきったところで考えようと

誰にも告げずに、ギアをニュートラル多用する方向でひた走りました。

なんとか走りきりそうになる頃、後続車がこないことに気付きました。

携帯を見ると、ケン白さんから着信あり。

どうやらバイキングさんにトラブル発生。

プラグの火が飛ばなくなってるらしい。

やばいぞ!

つづく


1




AutoPage最新お知らせ