●ファイルの種類は、pdfとtxt。
●わたしの本の読者さん以外でも、もちろんお読みいただけます (刊行作品とは直接リンクしていません)。
●女の子向けですが、男の子でも、おとなでもOK。
 ただし、わたしの「お友だち」(童話仲間さんとか)は不可とさせていただいてます、ごめんなさい。だって、はずかしいから。
●興味を持ってくださったら、右側のメッセージBOXを使ってお尋ねください(URLなど、詳細はメールでお答えします)。

★支部や「なろう」なども利用してシリーズを投稿しています。こちらのほうが利用しやすい方もあるかも。
★まずは、気軽にメッセージをください。緊張しなくて大丈夫! ホントに^^

2015/12/10

確認  その他

これまでにいただいたお問い合わせ(記念本のお申し込みを含む)には、すべてお返事を書きました。
受信できているでしょうか。

最近、Yahoo!のメールがおかしくて…。
メールの文章、途中から書きにくくなるんです。テキストボックスじゃないよっていわれている感じ。文字がちゃんと出ないの。
(仕様が変わったのかわたしのPC・ブラウザのせいなのかは不明です)

お送りしたメールはリターンされてこないし、試しに自分に送っても届くんですが…書きづらいのはいかんともしがたく。
ちゃんと書けていて、最後まで読めるように届いているのか、心配なのです。

おかしなことがあったり「何も届いてません」というときには、お手数ですが、ご連絡くださいね。
よろしくお願いいたします。

2015/12/1

聖地で迷子  その他

先日の上京時、ちょっと時間があったので「作中の舞台のモデル」であるお寺に行ってきました。
つきあってくれたのは、30年くらい前からわたしの書くものを読んでくれている年下のお友だちです。

お寺を越えて、自分が暮らしていた寮があったあたりまで行きたかったのですが、途中で迷い(というか、わたしが道を間違えて)とうとう行きつけないまま時間切れになりました(わたしの体力も切れました)。

それでも、周辺を歩きまわれて収穫大。

ふたりで、シリーズの今後の展開や「さっちゃんがのーちゃんを連れ込める暗がり」についての考察、3年生になったら……大学生になったら……という話をして、とっても楽しかったのです。

・・・

翌日は仕事の作品の「舞台のモデル」にも足を運んだのですが、「場」の空気を感じてみるって大事ですね。
ちゃんと、そこに登場人物が見えてくるんですよ。

もちろんお寺でも同じでした。
書くのは遅いけど、今、さっちゃんとのーちゃんのことがいっぱい書けそうな「気」がしているのです。

23、がんばろう。

2015/11/20

23に苦戦ちゅう  その他

「番9」が「だいたい」書けたのですが…通常ならそのころには出てくる「次の話」の出が遅いです。

大丈夫かな、ちょっと心配……

時期的には1月後半のはずなので、バレンタインネタをやるにはまだ早いし(ふたりとも当日はたいへんなことになりそう…)。
受験ネタとか、そろそろいいかもしれません。

この冬は仕事で取り組む原稿もありますし、なかなか23だけに集中できないのですが、煩悩全開でがんばってみます。

ご意見ご感想等、お待ちしております。


2015/11/13

22をリリースしました  情報

いつまでも大事にしているとかえって壊れていく、ということもありますから、「えいっ」と22をリリースしました。

ここにいろいろ書くと「弁解」になってしまいそうなので控えますが、3学期に修学旅行がある…ということを意識して以来(ずっと前ですね、13話くらいでもその話題が出ていますし。ということはリアルでは10年以上前です)実際に書きだす直前まで、こういう話になるとは自分でも思っていませんでした。

このシリーズ、これからどうなるんだろう。
心配です。

とりあえず、一度初心に帰ります。
ザッと書いた(次回)「番外編9」のあとは意識的に、「通常の話」に戻そうと思っています。

2015/11/12

聖地巡礼!?  その他

最近数回この話をする機会があり、驚かれたので、書いてみます。

シリーズに登場する「お寺」のこと。
ここにはリアルにモデルがあるんですが…イメージモデルであって「そのまま」ではないのですが…。
横浜市…鶴見の総持寺なのです。
広いお寺なんですよ。
公式サイトがありますが(さっき初めて知りました)リンクするのもためらわれるので、よかったら検索してください。

わたし自身が寮生活を送っていたことがあり、その女子寮は鶴見駅から総持寺を抜けて山(?)の反対側に降りていった、国道一号線(第二京浜)沿いにありました。
もちろんそこには「高校」はないのですが(当時の寮もすでにありません)、また最寄り駅は現在の鶴見駅とは違うのですが、その「距離感」はかなり近いです。
ちゃんと(というのもヘンですが)墓地のきわを抜けていく道もありますよ。

(正確にいうと、墓地を抜けてから寮までの距離は作中の方が短い感じです。また、高校自体はわたしの母校がモデルなので大阪にあります)

今でもときどき、上京時に時間があると鶴見まで行きます。自分が使っていたルートで敷地を抜けてみたりします。
アニメとかで「聖地巡礼」ってありますよね。
ごくごく個人的な、それ。

公式サイトには境内図や地図もありますので、こんな感じかぁなんて、機会があったらごらんになってください。

画像は、以前twitterにあげた境内の一部です。
第7話だったかな(←すみません)でさっちゃんがテレカを落としたのは、このあたり。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/10/24

何というご無沙汰を……  その他

気がつけば、ひと月、何も書いていませんでした。
その間にのぞいてくださったみなさん、ごめんなさい。そして、ありがとうございました。
まだ新情報がなくてすみません。

(この間に、あのスピンオフを各SNSにあげています。3分割したのですが、まだ3をあげていません。ひっぱるほどの内容じゃないので、早くあげねば……)


このひと月、何をしていたかというと……あれ?
ほとんど毎日何かしら書いたり消したりしているのですが、半分くらいは、仕事の原稿をやっていたと思います。

それから「22」の点検をして、そのたびにミスや、補足が必要なところを見つけるので、「あれまぁ」と思いながら直して……
そろそろ完成かなと思いながら「番9」を書いていたら、「22」でやらかしていたミスに新たに気づいて……(/_;)

そんなスパイラル。

今は、とりあえず「番9」を書いています。
番外編なのに、すでに50枚を越えています。
でも、最低でもあと2章は書き足さないと。
これの全体が書ければ、「22」をリリースできると思います。
内容に影響するほどの関連はないのですが、何しろ旅行から帰った翌日の話なので、細かなところでズレないようにしようと思いまして。

「まだかな?」と、のぞいてくださる方には本当に申し訳ないです。
この秋のうちには! と思っていますので、しばらくお時間くださいませ。


2015/9/23

メモ  その他

外部へのリリースに先立ち(といっても時期は未定です)「番8」を読み返していたらミスを見つけましたので、修正しました。
こういうシーンで、誤字とか…。
やだなぁ、と思いました。
お詫びいたします。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ