●ファイルの種類は、pdfとtxt。
●わたしの本の読者さん以外でも、もちろんお読みいただけます (刊行作品とは直接リンクしていません)。
●女の子向けですが、男の子でも、おとなでもOK。
 ただし、わたしの「お友だち」(童話仲間さんとか)は不可とさせていただいてます、ごめんなさい。だって、はずかしいから。
●興味を持ってくださったら、右側のメッセージBOXを使ってお尋ねください(URLなど、詳細はメールでお答えします)。

★支部や「なろう」なども利用してシリーズを投稿しています。こちらのほうが利用しやすい方もあるかも。
★まずは、気軽にメッセージをください。緊張しなくて大丈夫! ホントに^^

2018/3/21

最新話をあげました。  情報

このブログの更新自体、いったいいつぶり? という感じですが、更新のお知らせであることが(わたし的には)ささやかな救いです。

本当にご無沙汰いたしました。申し訳ありません。

クリスマス(作中の)からこっち、イレギュラーな内容が続いたので、
「初心に戻って、普通の話にする」
が最新話のコンセプトでした。

普通というのがどういうものか、説明しにくいですが、
「ふたりが自分たちには直接かかわらない出来事のために行動する」
みたいな感じです。

最後のところが「捜査する」「推理する」と書けるとかっこいいんですが(そういうのがわたしの憧れです)なかなか、かないません。

明記していませんが、作中の時間は1月下旬か2月初旬あたりでしょうか。
(ということは、1階のみんなは期末試験の勉強中なのかな?)

ですから、本編的には次はバレンタインの話になるのではないかと思いますが、その前に番外編が。

通常、本編をひとつあげるときには、次の話が「ほぼ」書けています。
そういう状態じゃないと「怖くてあげられない」……それがわたしの習性だからです。
今回は、その点ではイレギュラー。
次の番外編は、ごくごく大雑把な「粗書き」しかできていません。
なのに最新作をアップするなんて、「自身の慣例を破る」という意味でもドキドキです。

でも、「早くあげなきゃ」と気にしていると、次のを書くのがためらわれて(どっちに時間を使うべきか、迷ってしまって)。
そのことに気づいて、「えいやっ」とアップロードしました。
おかげで「迷い」はなくなったので、続きもがんばって書いていきます。


こんなペースですが、引き続きおつきあいいただければ幸いです。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ