壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2018/8/13 | 投稿者: komori

8月5日、水橋春夫さんがお亡くなりになられました。

昨日8月12日は、僕の親友であるHOMMヨのニイマリコさんと水橋さんとで、渋谷La.mamaでのライヴが行われる予定の日でした。

僕は元々昨日は伺うことが出来ない日だったのですが、まさか水橋さんまでとは思いも至らず、あと数日の猶予さえ与えてくれなかった神様を憎んだ、この1週間でした。

僕は高校生の頃からジャックスや、また早川義夫さんの大ファンでしたが、水橋春夫という存在は、過去の、伝説のギタリスト、という存在でした。

その伝説の存在が、まさかの音楽活動を復活!ということで、はじめて水橋さんの演奏を拝見したのが、忘れもしないフジロック2015のアヴァロンステージでした。グリーンステージのトリのMUSEの真裏の時間でお客さんもまばらではありましたが、水橋春夫グループの演奏はその年のフジロックの自分の中でのベストアクトとして、今でも鮮明に記憶に残っています。

それで、僕はおこがましくも何を想ったか、「来年、壊れかけのテープレコーダーズで水橋さんと共演したい、いや、共演しなければいけない。」と、神の啓示のような使命感を覚えるに至ってしまったのです。

2016年の2月、大阪の難波ベアーズでの水橋春夫グループのライヴに出向き、直接ライヴへの出演交渉をと、水橋さんに挨拶をしました。なんで大阪かというと、調度壊れかけの大阪ツアーの翌日に、水橋さんも大阪でライヴをやっていたんですよね。(しかも今考えると僕らはHOMMヨの関西レコ発で大阪にいたという!この時点でのなんたる必然!)

水橋さんは急にに直談判に訪れた謎の若造にも親切に接してくれ、連絡先の電話番号を教えてくれました。後日、その電話番号に正式にオファーのお電話をし、まさかの水橋春夫グループも出演が決定!最初は2マンを想定していましたが、より観客層の幅や広がりが欲しいと思い、同世代くらいでのバンドを対バンに検討したんですが、どう考えても水橋さんとの共演がベストマッチするようなバンドはHOMMヨ以外思いつきませんでした。

2016年5月26日、代官山晴れたら空に豆まいて、壊れかけのテープレコーダーズ、水橋春夫グループ、HOMMヨの3マンライヴが行われました。今でもこの日の企画は、歴史に残るイベントだったのではないかと、少なくとも間違いなく歴史を繋いだイベントになったと、主催として自負しています。

この日のイベントのタイトルは「時計が動き出す時」というタイトルにしました。無論、ジャックスの大名曲「時計を止めて」へのオマージュです。約半世紀振りに自らの音楽活動を再開された水橋さんということもあるし、またジャックスチルドレンである僕らやHOMMヨのような世代のバンドとの共演が、未来へ進む時計を動かすような、そんな日になればなと願いを込めてつけたタイトルでした。


ただ、今現在の心境は、時計を止めて、と、

願えどもう届かぬような、そんな心境です。


2016年の晴れ豆のイベントの前に、水橋さんより「事前にお茶でも」とお誘いを受け、新宿のTAKANOにてアイスコーヒーをご馳走になりました。その時水橋さんは色んな話をしてくれました。ジャックスのことや早川さんのこと、また音楽プロデューサーとしての長い歳月のことなど。その時水橋さんは自身の音楽活動を再開された理由について、「余生、あとはもう好きなことをやろうと思ったんだよ。」と笑いながら仰っていました。

ただ、いくらご高齢とはいえ、余生なんて呼ぶには、余りにも短過ぎたこの水橋さんと出会ってからの3年間。水橋さんは晴れ豆のイベントをきっかけにニイマリコをメンバーに誘い、時に遊佐も加えたりとで、僕らの世代のミュージシャンとも精力的にライヴを行っていました。そんな水橋さんの姿を思い出すと、この人はプロデューサーである前に、やっぱり純然たるロックンローラーだったんだなと思います。

最後の数年間を、僅かな時間ながら、関われたことは、本当に幸福な時間だったと、思います。

最近久しぶりに『ジャックスの世界』を聴き返しました。調度半世紀前のレコードなのに、今尚全く色褪せない魔術のような魅力と、また水橋さんのギターの音色が、今も昔も全く変わらないことに、驚かされました。人間はこうも老人になっても青年のような瑞々しさのままでいられるのか、それとも青年時分にして余りにも悟りきってしまっていたのか。

ジャックスを久々に聴きながら、水橋さんのライヴのことも思い出していました。水橋さんはよくライヴのMCで驚くべきことに「すみませんねえ、こんなんで、、、」と観客によく謝罪をしていました。それは最初はステージにあがる演者としてこれでいいのかなあと疑問にも思いましたが、多分水橋さんの「すみません」は本心で、未だにきっと恥じらいがあるんだと思います。

そして、その恥じらい、情けなさ、弱さ、卑屈さ、かっこ悪さ、

それこそがジャックスの音楽であり、水橋さんの音楽であったと思います。

現在、世界はどんどん無数の異なる強者の正義がはびこり、僕らはどんどん窮屈を強いられているような方向に、社会全体が向かってしまっているような印象があります。みんな無理をし、心身ともに疲弊をしている。

そんな現代にこそ、ジャックスであったり、水橋さんの音楽が、再び聴かれるべきだと強く思います。ロックとは、元来虐げられた、弱き人々の為の音楽であったはずだと僕は思っています。ポピュラーミュージックとはいつの時代でも、そういうものであるべきです。決してそれが権威や権力のようなものに飲み込まれてはいけない。

水橋さんのやさしい音楽は、暗闇の中に一人ぼっちの人間に、無理に光を照らし出すようなことはしなく、そっと隣に寄り添って「このままでも、いいんだよ」と語りかけてくれるような、そんな音楽です。

そのやさしさが、しっかり後世に受け継がれ続ける為にも残された僕たちが音楽を続けていくことが、ロックバンドの天命だと思っています。

水橋春夫さん、どうもありがとう。

またどこかでお会いする時は、今度は冷たいアイスコーヒーを、

是非僕からご馳走させて下さいね。
その日まで、さようなら。






0

2018/8/3 | 投稿者: komori

毎年恒例ですが、フジロック参戦後記です。

沢山観た中でも取り分け印象に残ったアクトについて、書きます。

7/27(金)
■ストレイテナー@RED MARQUEE
最近になり好きになったチャットモンチーに関してもそうなんですが、ストレイテナーなんかが売れはじめてきた時期、自分は殆どリアルタイムの邦楽に興味を失ってしまい、古い音楽やよりアンダーグランドなものに傾倒しており、今の今までまともに聴いたことがなかった。今年はそういう音楽こそ聴いてみようと思っていて、やはり長く存続しているバンドにはそれに値する理由があるはずだから。

そしてはじめて観たストレイテナーのライヴは期待を遥かに上回るもので、このバンドが20年間存続し、支持されている理由がわかりました。飾らず、誠実さの塊のような音楽だった。バンドっていいな思い、泣けた。


■エレファントカシマシ@WHITE STAGE
エレカシは、単独はないのですが、フェス系では何度か観たことがあるのですが、今が最高潮という感じがヒシヒシと伝わってきて、それは本当に凄いことだと思う。冷静に考えて、あんな変人がこれだけポピュラリティーを得てるということが少し不思議になったくらいだが、やはり楽曲が普遍的に良いのです。


■サカナクション@GREEN STAGE
サカナクションも、先述のストレイテナーと同じ理由で観ました。やはり流石は日本のバンドでグリーンのヘッドライナー枠を任されるバンドという風格の圧巻のパフォーマンス。あとここまでエレクトロをポップに昇華し体現しているバンドっていないんじゃないかな、とそのオリジナリティーにも驚いた。


■POST MALONE@WHITE STAGE
初日のベストアクトかな。アメリカではバカ売れしてるようだけど、僕は殆ど知らなくて事前にSpotifyでちょっとチェックしてたくらいだったのだが、いやあ素晴しかった。

トラップ以降の現代のヒップホップ、本当に素晴しい音楽が多く、いつも発見がある。言葉の意味はわからなくても、わかる。伝わるという事象がどういうことかを教えてくれる。祈りのようなライヴだった。



7/28(土)
■eastern youth@GREEN STAGE
ベースのゆかさんが加入してからはじめて観ました。往年の代表曲だらけの、贅沢なセトリさったが、新体制になり昔の曲が生まれ変わり、バンドが今まさに更新され新しくなっていく姿がリアルタイムに伝わり、のっけから涙が止まらなかった。10代の頃に自分の指針であったロックは、今でも最高にかっこいいロックンロールであった。


■OLDEICKFOGGY@WHIT STAGE
イースタンとフォギーを被せるなよ〜とタイムテーブルを恨みましたよ。イースタン同様にそのエモ過ぎるアクトに朝から男泣き。フォギーは弱さを歌ってるから、パンク。本当に歌詞がいい。


■小袋成彬@RED MARQUEE
我らがH Moutainsの畠山健嗣くんが再びギタリストとしてレッドマーキーに!ってことで観に行ったけど、いやあ小袋さん、日本にこんなソウルシンガーがいるのかと驚いた。2年前に観たジェイムス・ブレイクを彷彿とさせるような神聖さがあった。健嗣くんのギターの音色も、レッドマーキーの果ての果てまでちゃんと届いていた。


■SKRILLEX@GREEN STAGE
音楽に没頭し過ぎて気が狂った人間の作り出すぶっ壊れたエレクトロダンスミュージックとでも言いましょうか。ちょっと前の方にいくのひよるくらいの盛り上がりでしたね(笑)

そして最後のYOSHIKIのサプライズ出演。日米のカリスマが考えることとは、凡人とかけ離れ過ぎてて、その全く空気読んでない感じこそが、カリスマ。


■KENDRICK LAMAR@GREEN STAGE
会場の期待値がとんでもなかった。調度台風による雨風も強くなってきた時間帯、嵐の中に現れたケンドリックの姿は、人類に降り立った救世主のようだった。今年のフジの特徴として、国籍問わずでかなり外国人が多かったのは、間違いなくケンドリックの影響だろう。

ヒップホップの勢いがロックを凌駕している現代の象徴のようなケンドリック。ゲットーから生まれた文化が世界の頂点に君臨する。

音楽を超え、様々な価値観の転換が確実に起こっていると思った。旧来的な常識はどんどん通用しなくなっていくのだろう。それを人類の進化と捉えるか。それとも、、、?



7/29(日)
■King Gnu@RED MARQUEE
ストリーミング世代ならではのミクスチャー感性で、ロックもヒップホップも日本の歌謡曲さえも租借し吐き出された楽曲群の完成度に驚くばかり。こりゃ人気でるわ、と傍目で見ても納得しか出来ない、あれだけのものを見せられると。いやはや、凄いバンドである。


■BOB DYLAN & HIS BAND@GREEN STAGE
とにかく生きてるうちにディランを生で、しかも苗場で観れたってだけでも、僕は幸せだったよ。スクリレックスやケンドリックを聴いたあとでは、若者たちにとってはディランの音楽は随分大昔のものに聴こえるかもしれないけれど、実はみんなディランの子供たちのようなもので、ディランがいなかったら今ロックもヒップホップも、きっと全然違うものになっていたに違いないとすら思えた。

ボブ・ディランとは、それくらい偉大なのだ。「ロック」という大きな器のような存在。その歌声は21世紀でも変わらず、尖ってて、そして優しかった。


■DIRTY PROJECTORS@RED MARQUEE
まだまだロックバンドにも可能性沢山あるんだよなあ、と最後にダーティー・プロジェクターズ観て想えたことは、何より幸福な体験だった。

僕は僕なりにギターやドラムやベース、キーボードという編成で、まだまだ
ロックンロールバンドってやつの範囲を拡大していきたいね。




その他、今年の思い出としては、、、

・2日目夜の台風12号直撃はなかなかハードだった。これまでもフジロックでは大雨も何度も体験していて何とかなるだろうと油断していたが、見事にテントが倒壊してしまいどうしようもない事態になってしまった。ずぶ濡れの身体と極度の疲労、同じような目にあった多くの人らと屋根のある場所で縮こまっていると、SMASHの運営の人が苗場プリンスホテルのホールに避難所を設けた、と僕らを誘導してくれた。勿論床に雑魚寝であるが、雨風凌げるその場所が天国に思えた。翌朝、避難所にSMASHの日高代表が挨拶に訪れた。日高氏は「中止にはしません。」と話し、避難民達に「台風が来て、すみません。」「寒いとか、体調が悪いとかあれば、すぐに言って下さい。」「皆さん、立派です。」と僕らを元気付けてくれた。彼のそれらのことばを僕は一生忘れないだろう。自分がフジロックの10年来のファンである理由が明確に分かった。このリーダーになら、ずっとついて行きたいと心から思えた。そして今の日本のリーダーとのギャップも、痛烈に実感した。

・また多様性に関して。今年程に海外からのお客さんの多さを感じた年もなかった印象がある。この小さな島国の音楽フェスに、これだけ全世界から様々な人種の人達が集まるのか、と驚いてしまった。黒人、中国、台湾の人々が多かったのも、今年の印象だった。それは僕はとても素敵なことだと思った。ガラパゴス化しがちな近年の音楽カルチャーの中において、こうやって未だ多ジャンル多文化をミクスチャーさせながら成功し続けているフジロックというフェスティバルには、心の底から尊敬の念しかない。毎年あの場所で、僕たちは本当はお互いに分かり合うことが出来、壁や国境もなく、共に同じように泣いたり笑ったり出来るんだ、ということを教えてもらっている気がする。今年もありがとう、フジロック。


1




AutoPage最新お知らせ