壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2014/7/31 | 投稿者: komori

毎年恒例、夏の風物詩、今年も行って参りました、フジロック。

忘れないうちに色々と思い出をここに記しておこうと思います。下記、取り分け強く印象に残ったアクトを。

1日目

■ROUTE 17 Rock’n’Roll ORCHESTRA
フジロックならではのスペシャルセッション。昨年も観たけど、やっぱり最高。3日間の幕開けに相応しいアクト。CHABOのうたう「雨上がりの夜空に」にのっけから涙腺緩まされました。

■MIYAVI
個人的に今年最大の収穫。噂には度々聞いていたがここまでとんでもないとは。ルックスから先入観持ってる人は今すぐそんなものは捨てて観るべき。こんなにギター巧い人間が世界に存在するとは。ギターの巧さってのは、速弾きよりも、リズム感、だと思った。この人、マシーンかと。

■大森靖子
色んな想いが込み上げ感極まって、気が付いたら最後の「PINK」で号泣していた。素晴らしいステージだったよ。今度は、ピントカで出よう。

■大友良英スペシャルビッグバンド・フェスティバルFUKUSHIMA!オールスターズ大盆踊り大会
オレンジコートに集まった数千人?の知らない人間同士が互いに手を繋ぎ合い、輪をつくり、盆踊りを踊っている。この光景の美しさをなんと言葉で形容すればよいのでしょう。

■THE ORB
今年は根性で起きて念願のオールナイトフジに参戦。オーブもっとチルっぽい感じで攻めてくるかと思いきや、予想以上に攻撃的だった。ドープな低音がドラッギーな心地良さ。


2日目

■DAMON ALBARN
ブラーとはやっぱり違うよね。デーモンにはデーモンなりの探究心があるんだなあ、と。やっぱり曲は「シンクタンク」期のブラーの流れを含んでる。この人の音楽を聴いていると、広大な音楽世界地図を眺めているかのよう。

■MANIC STREET PREACHERS
友人知人は皆アーケイド・ファイア に行ってしまっていたようだけど、男はマニックスよ。マニックスってどんなバンドなんだろ。パンクでもないいし、グランジでもない。ハードロック、グラムロックって呼称も、なんか違和感ある。ただの、普通の、ロックなんだよね。形容なきロック。至極単純なその事実こそが、たまらなくロック。1曲目から「モーターサイクル・エンプティネス」やって、昇天。

3日目

■OGRE YOU ASSHOLE
この1、2年の間に心底ファンになり、もう何度も観てるけど、今まで観た中でも相当なベストライヴだったなあ。現在日本で最も先進的な音楽をやっているグループだと思う。贅沢を言えば、夜に観たかったなあ。照明、VJ、ガンガン使って。次回はホワイトのトリ望む。

■ザ・ルースターズ
今年はルースターズを観に来たと言っても過言ではないよ。2014年、まさかオリジナルルースターズが苗場で観れるなんて!日本が世界に誇る唯一無二のオリジナルロックンロールバンド。四半世紀以上の時を経ても全く色褪せない楽曲群。本当に最高。一生その背を追いかけ続けたい。

■THE FLAMING LIPS
夢のようだった。いつまでも子供のような純粋な心を持っている人間だけが奏でられる音楽。その音は優しく、そして儚い。放たれた音はやがて物理的現象としてのそれは消失するように、誰もがやがてその少年期の終わりを迎えることを悟っているかのように、儚い。が、故に、美しい。それはリップスがそれら刹那的なものの中に内在する永遠を信じているから。

1日目、大森靖子は「音楽は魔法ではない」「でも音楽は…」とうたった。その「…」の部分。音楽は魔法ではないのかもしれない。でもリップスの音楽は、魔法に似た、何かだった。

■THE POGUES
ルースターズと同じ感想だね。まさかこの2014年、苗場でまたポーグスが観れるとは。シェインは何もかもがボロボロのダメダメだったけど、なんだろね、あの愛くるしいキャラクターは。

ポーグスがなぜパンクの枠組みで語られるか、やっと分かったよ。シェインの歌は弱き者のためのうたなんだ。社会の片隅に追いやられた者たちへのうたなんだ。

ポーグス、もう観れないかもしれないなあ。シェインは来年生きているのかな。でも、今年観れて本当に良かった。3日間のベストアクトはポーグスかもしれない。最高の、クロージングだったよ。


以上。来年こそ再び出演者で行くぞ!!!



クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/7/16 | 投稿者: komori

バタバタと、アルバムの発売から1週間が経った。昨日更新されたディスクユニオンのインディーズ週間売上チャートで「broken world & pray the rock ‘n roll」が1位になった。すごくすごく嬉しかった。勿論、オリコンチャートなんかと比べたら局所的なランキングではあることなのだが、それでも、はじめて、1位になったんだ。何かで1番になるなんて、高校3年の時現代文のテストで学年で1番を取った時以来かもしれない。いや、順位、数字なんて、どうだっていい。発売間もないこの週にこの順位を取れたこと、それは即ち、発売日を楽しみにしてくれていてアルバムを買ってくれた人達が沢山いたんだ、という事実、その現われが、何より嬉しかった。楽しみにしてくれている人、応援してくれている人が、いるんだ、そのことに、本当に勇気付けられた、皆様のお陰です。本当にありがとう。もっと、朗報を沢山届けられるよう、頑張ります。

話は変わりストーン・ローゼスのドキュメンタリー「MADE OF STONE」をTSUTAYAで借りて、やっと観た。素晴らしいドキュメンタリー映画だった。2012年フジロックの感動が蘇った。過去のヒット曲でも、金儲けでも、ファンサービスでも、なんだって良いじゃないか。それらの状況全部ひっくるめても、おっさんになってまで、ロックンロールで、ドキドキしたり、笑ったり、出来るんだ。それだけがあれば良いのかもしれない。土曜に行ったシェルターでの「おっさんでわいわい」というエレクトリック・イール・ショックのイベントにも、同じような感覚を覚えた。

8月からまたツアーがはじまる。9月HOMMヨとのスプリットツアーも発表された。まだまだよ。何度でもはじまれる。夏ははじまったばかり。


0

2014/7/8 | 投稿者: komori

本日、壊れかけのテープレコーダーズ4thアルバム「broken world & pray the rock 'n roll」の店頭入荷日、所謂フラゲ日ってやつですね。

アルバムにまつわるここに記すべきような諸々の事柄は、再三ツイッターで述べたり、また今連日1曲ずつホームページのNews欄に掲載しているセルフライナーノーツに記しているので、今日この場では割愛致します。兎にも角にも伝えたいことは、聴いて下さい、って、その一言に尽きます。皆さんのハートに火をつけます。そういう、作品です。

今日は最近思っていることを、散漫と、書きます。すみません。散漫です。

新宿日曜日の真昼間の焼身自殺。ゲリラ豪雨。たかだか豪雨如きじゃ鎮火出来ぬ、炎上する午後の日差しよりも灼熱の、地獄の篝火にまみれし者を、誰が愚かと指差し笑える? その決行の強度、善悪でも、分別でもない、その事実の強度にも増すうたを、音を、鳴らせぬなら、それは俺の、お前の演者たるべきものとしての敗北であり、腐敗でもある。7月1日、官邸前、怒りに駆られた鼓笛隊の鳴らす警告の音も同様。どうよ。どうなんだよ? How does it feel? 鼻血ビュー。気分はどんなもんだい? 何か言えよ。無気力に逃げている。無責任に通りすがる。「むっ」としながらも無責任な論を吐く。俺は誰だ? お前は何だ? 聖者ような面構え。聖者達は行進をする。答え見えぬままWebサイトは更新を繰り返す。クリックひとつで何かが変わったようにも見える。何も変わっちゃいないと嘯く、声に、なぜか同調したりする。「戦争」という言葉を最近、ググっている。ウィキっている。エミール・クストリッツァの映画「アンダーグラウンド」に感化されてユーゴ紛争に関する新書を買った、はいいが、冒頭で胸が痛くなる。読み進めるのがつらくなる。分割、分割、分割… 由来はすべてそれだ。分別、なきガキのような傲慢さをもってして行われる陣取りゲーム。げえー。気分が悪くなる。目を塞ぎたくなる。蓋を閉めたくなる、のが現実、だという事実、から逃れたくなる、がために、眠る。忘れたくて眠る。が、目は覚める。冷める。俯瞰する。傍観する。アパシー。私、私、私。みんなそれが可愛い。そりゃ可愛いさ。同じさ、A級戦犯と。永久に。なにやってんだ俺達は。

でもね、ほらね、誰のもとにもこうしてまた夏が訪れるよ。かつて、夏休みを間近に控えた僕らはその膨大なる量の「はじまり」の予感に震えたろう? 忘れていまったのか? なら俺がこれから呼び覚まそう。そのために迎える7月9日だ。

「broken world & pray the rock ‘’n roll」

ロックンロールを、君に。
1




AutoPage最新お知らせ