壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2012/2/28 | 投稿者: komori

2月も間もなく終わる。

この一ヶ月は調度半ばに「みんなの戦艦」を挟み、
自分にとって大きな転機となる月だったように思える。

壊れかけでは遠征も含め5本のライヴを、
また他にもピンクトカレフ、ドン・マツオ・グループ、ギタリストとしてのセッション、
演奏活動は充実しており、何れも良いプレイが出来たと自負している。

継続、という意志の元、今はそれは保てている、けれど、
音楽における継続とは一体何だろう、とも思う。
発された瞬間には既にそこにはない、あの音楽というものに、
音楽と名指す、我々の潜在的な…

罪や過ち、とは決して言い切れぬだろう。
何故なら人為的な意志はいつしか地下深くに眠る時空軸を超えた超越的な無意識と共鳴し合うことが、
きっと出来るから。

いや、無意識と呼ぶと、二元論過ぎるか。
例えば、仮にそれを宇宙と呼んでもいいだろう。

受動か、能動か、
ということは常に考えているけれど、
それらは結局同じ穴の狢、の話。

仮にこの星が球体なら、飛ばした紙飛行機はいつしか一周して戻って来る。
けれど、それは同じ場所にではない。

移動と距離と景色と場所の変貌。

僕等はまたとしてあの場所には戻れない。

その想いだけが、音楽を音楽足らしめる。

演奏は一秒毎のドラマだ。

そう言葉では言えるんだけど、
実践するのは、嫌になるほどの修練、
感覚の網を張り巡らし続けること、
それしか、ない。

変わり続けたい。


最近、或る私的な記念日を迎え、
ふと、歳月について考えた。

変わらぬものは何?変わり行くものは?

僕は変わるし、そのことによって君もまた変わるだろうし、
その逆も然り。

そうして向かうべき未来への方角が、
さっきの紙飛行機の話と同じ原理だったという事に、気付く。

同じ場所で出会う、また、きっと。

「天気の話」って歌は、きっとそういうことをうたった歌だ。

2月よ、さらば、ありがとう。

3月は壊れかけ関西ツアーから。



【壊れかけのテープレコーダーズ関西ツアー 2012 March】

■3/3(sat) 大阪 千日前 TRIBE
『Rock on Island』
OPEN/START 18:00/18:30
ADV/DOOR ¥2,000/¥2,500(+1D)
w/赤毛のヘップバーンズ、THE シガーズ
THE CREAMS、Funny Funk Fish、Theキャンプ(名古屋)
※出演5番目、21:10〜


■3/4(sun) 京都 二条 nano
Tales from ゆーきゃん&田中亮太『フレデリックvol.4』
meets nano8周年
OPEN/START 16:00
ADV/DOOR ¥1,700/¥2,000(+1D)
w/valva、ばけばけばー、テツコ、ゆーきゃん
DJ:森野義貴(HANDSOMEBOY TECHNIQUE)、seiji nakashima
DEGG(BEATCONNECTION)、田中亮太(club snoozer)
※出演、20:30〜



どうぞよろしく。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/2/22 | 投稿者: komori

みんなの戦艦が、もう10日前のことに。

遊佐に言われて、はっと思ったこと、マリリンモンローズの歌詞じゃないけど、どうやらこの街では昨日のことが遠い昔のことのよう。

下北沢Cave-Be、ドン・マツオ・グループにギターで参加したのが、1週間前のことか。その日は同時にお隣GARDENで観たボトルズハウスの熱演も、鮮明だ。

その翌々日にはドンさんの家に遊びにいったんだった、なんと。宴の席で聴いたジェフ・ベック・グループが最高で、翌日すぐに購入した。ドンさんの話していることは、全部分かった。回答は出せなかったけど、それはまるで禅問答と同じで、だけど全部が透明に入ってきた。

そのまま深夜に大森靖子のソロレコーディングでギターを弾いたんだった。大森さんは嬉しそうだった。

これが金曜〜土曜朝の話で、そのまま2時間くらい仮眠とって、その日は朝から仕事があり、夜はヘブンズで壊れかけライヴだった。

エネルギニーに満ち溢れていた、その時、なんだって来いって、思えてた。今もそれはまだ継続している。継続させるべきなのだ。それを継続させる意志や努力がなければ、「音楽やってます」なんて軽々しく言うもんじゃない。

ヘブンズのライヴは良かった。バンド演奏に理性に強いられた緊張感というのは必ず必要だと思うが、それが最高潮に達した時、僕等の身体はよりオートマティズムに支配されたものとなる。忘我と呼んでもいい。そう、音楽という尊大さの袂で、自己など微塵もないものなのだ。

もっと、もっと、流れるがまま、そのまま、でありたい。
お前らなんか不自然だ、不自由だ、不自然だ。

毎日が最高だ。ドラマチック過ぎてぶっ壊れてしまうんじゃないかって、くらい。

今のこの躍動する気持ちは、きっと「みんなの戦艦」の日が、転機になった。もう、大丈夫だと思う。

あのイベントの前、僕は危うく本当に大切なものを見失ってしまうところだった。だけど、今はもう大丈夫。ブログにもネガティブな発言を書いていた。心配をかけてしまった人へ、申し訳ない。でも、もう心配はいらない。


今、ここに記した日の記録とは、それは過去だ、既に。何があの日あの瞬間の熱量を過去に葬り去る?言葉か?なら言葉とは何だ?誰に何を伝えるためにある?

言葉の有効期限はいつまでだ?

もう時既に遅しという遅延の諦念が、いつもここに戻させる。
こことは、言葉すらも届かぬ、空白の砂漠だ。

だが、そこにまた立つことによって、
僕等は新しさ、未来を、また渇望し始める。

そういう想いがあって、戦艦の日のラストは、
「箱舟は来なかった」を歌った。

僕は未来を渇望している。
君もそうなら、共に歩もう。

いつもありがとう。


クリックすると元のサイズで表示します
戦艦の日の最後の集合写真。学生スタッフ達と。
みんないい笑顔。

1

2012/2/15 | 投稿者: komori

戦艦終わりました。
また、新たな気持ちで。

2/1(wed) 大森靖子&THEピンクトカレフ
名古屋 KDハポン

2/4(sat) 壊れかけのテープレコーダーズ
大阪 扇町PARA-DICE

2/11(sat) 壊れかけのテープレコーダーズ
新宿歌舞伎町風林会館ニュージャパン
「みんなの戦艦2011」


2/15(wed) DON MATS[]UO GROUP
下北沢 Cave-be
※ギタリストとして参加


2/18(sat) 壊れかけのテープレコーダーズ
三軒茶屋 HEAVEN'S DOOR

2/22(wed) 絶対音楽オーケストラ
【瀬尾マリナ+ba田代タツヤ(撃鉄)+dr関口萌(paradise)+
percクラッシー(クンクンニコニコ共和国)+flいいじまあけみ+
gtコモリキヨタカ(壊れかけのテープレコーダーズ)+
percかわばたてるゆき(シガレットシーワズ)】
※ギタリストとして参加

2/24(fri) 壊れかけのテープレコーダーズ
新宿 真昼の月 夜の太陽

2/25(sat) 壊れかけのテープレコーダーズ
下北沢 BASEMENT BAR


詳細は上段投稿をご確認あれ。

今日は戦艦での熱演も記憶に新しいズボンズ、ドンさんのソロユニット「DON MATSUO GROUP」にギターで参加します!わお!

戦艦のことはまた追って書きます。
本当に掛け替えのない2日間でした。
ありがとう。





0

2012/2/11 | 投稿者: komori

いよいよ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

壊れかけのテープレコーダーズは
本日2/11の15:00〜メインステージにて。

ちなみに、初日は当日券出ます!
迷ってる方、もう迷うな!来るしかない!

2日目は完全SOLD OUT!
当日券の有無は、当日に!ごめん!


みんなの夢が詰まった船です。

共に乗り込もうじゃないか。

廃材から積み上げた船が、
いつしか立派な戦艦になって、
大海原へと発って行くよ。

0

2012/2/10 | 投稿者: komori

断絶に予兆はないのか、予兆のように生を訣別や死別に向かって燃焼させているのか。

昨晩はおばあちゃんの葬儀。
身内の死を、納棺から携わるというのは初めてだった。
正直つらかった。未だによく分からない。

通夜の式場で、特別に、母の要望で、
「雪どけ水を飲みほして」がかけられた。
奇妙な心地だったが、いい曲だな、とも思えた。

ただ、同時に頭の中を巡ってた自分の曲は、「人さらい」だった。

「人さらい」

5時の鐘が鳴って、辺り暗くなって
真っ赤なほっぺも 夕日みたく霞んでった

人さらいと町で噂のおじさんやって来るから
早く家に帰りなさい、とママに言い聞かせられてた

暗がり 怖がりの、君 片づけを始めた
明るいよ、まだって 僕は遊んでたかった

相容れぬ光と影のふたつのような僕等を
交われぬこの2人の気持ちに似た色した空が包んでいた

その向こうで…

人さらいみたい 訪れた闇が 僕等の帰りを待ちぶせしてたよ
「怖いからね、離さないで」って 強く握っていた君の手を
「大丈夫さ、子供みたいなこと言うなよ」って 緩めた時に
振り向いた後ろ 訪れた闇が 君をさらってしまったよ

人さらいみたい 訪れた闇が

人さらいみたい 訪れた夜が



未だによく分からない。
なぜ、みんな、ふとした瞬間に、
いなくなってしまうのだろう。


でも、混乱した気持ちを、母の
「良いライヴをすることがおばあちゃんに対する最大の供養でしょう」という言葉が、
僕を正せてくれた。

戦艦のライヴ、頑張らなければいけない。

よし、やろう。

ありがとう、おばあちゃん。



0




AutoPage最新お知らせ