壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2011/1/12 | 投稿者: komori

CRJ-Tokyo 1/11付けカレッジチャートにて、

壊れかけのテープレコーダーズ/てるてる坊主を吊るしたが
が、2位にランクイン!

更に、昨日初めて知ったんですが、先週はなんと1位でした。
なぜ誰も教えてくれなかったんだ!(笑)

とにかく選出して頂きありがとうございます。
これを励みに、頑張ります。

詳しくはコチラから見れます
http://archive.mag2.com/0000002108/20110111142222000.html

ちなみにチャート欄にMy Spaceへのリンク貼ってありますが、My Spaceでは『箱舟』からの曲聴けません。というより、更新も野ざらし状態。だって重いし、更新しても反映されないんだもん。
0

2011/1/12 | 投稿者: komori

1/9は南青山レッドシューズにて壊れかけライヴ。この日は演奏はどういう因果かトラブルの連続で、ギターの音は出なくなるは、ベースの音は出なくなるはで、もうひっちゃかめっちゃかになってしまった。起こってしまった事実はしょうがないが、お金払って楽しみに来てくれた方々には完璧な形でお見せできず、申し訳ないです…。だけど、トラブル続きの後、仕切り直し最後にやった「生まれる」は潔く、気持ち良くやれた。

そうやって立ち直れたのは、僕らの前に出演されてたクリトリック・リスさんの「負けることもロック」という言葉のお陰だったと思う。この言葉を糧にトラブルの連続でもめげずにやれた気がする。クリトリック・リスのライヴがなければ、もっと自分達の演奏は壊れかけどころか、壊滅状態だったと思う。

自分達なんて所詮は壊れかけたゴミ屑みたいなバンドだったということも再認識出来た。今年1年、そこから這い上がって行こうと思います。「負けることもロック」という言葉を格言に。

クリトリック・リスのライヴは最高だった。勇気付けられた。「下ネタのナポレオン」なんぞと言われているが、例え下ネタでも、その根源にあるのは人間の「弱さ」や「惨めさ」だった。そういう意味では早川義夫に近いと僕は思った。負けることから始まるブルース。そこから発信されるものは、強い。

2




AutoPage最新お知らせ