壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2011/1/31 | 投稿者: komori

本日!

■1/31(mon) 原宿 クロコダイル
TRANKO presents [MAGICAL CAT'S NIGHT!vol.5]
OPEN/START 18:00/19:00
DOOR \2000(+1D)
w/TRANKO、
SPACE AGE COUPLES(ヤマジカズヒデg from dip+吉田肇g from PANICSMILE+早川岳晴b+藤掛正隆ds)
沙知PfVo fromハリネコ+内田典文b+とがしひろきds from井乃頭蓄音団,AtoZusaЯi+植野隆司g fromテニスコーツ


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

レコ発明けて間髪入れず、今宵もやります。止まらない!

昨年10月法政で一緒だったシタール奏者ヨシノトランスさん率いるTRANKOの企画にて、初クロコダイル。dipヤマジ氏と対バン!

壊れかけのテープレコーダーズは出順トップ。ただ、スタート19時からと書いてありますが、都合により実質19時15分から演奏します。



レコ発の日のこと、また今後のライヴ予定の更新など、今日のライヴが終わったらまとめて書きます。今日で、2011年の12分のが終わるので、ここで一区切りつける演奏をしますよ。
0

2011/1/30 | 投稿者: komori

満員御礼にて
終了しました!!!


クリックすると元のサイズで表示します

本当にたくさんのご来場、
どうもありがとう!!!


クリックすると元のサイズで表示します

10

2011/1/29 | 投稿者: komori

あれよあれよという間に、今日です!

■1/29(土) 下北沢 BASEMENT BAR / THREE
2nd Album 「箱舟」リリース記念レコ発自主企画
壊れかけのテープレコーダーズ presents
『夢の島で逢いましょう vol.10 〜10 ACT SPECIAL!!!』
※2会場同時開催・往来自由
OPEN/START 17:30/18:00
ADV/DOOR \2,000/\2,500(+1D)
<出演>
壊れかけのテープレコーダーズ、Paradise、撃鉄、
DODDODO(from 大阪)、古宮夏希&コークスが燃えている!、
MAMUSHI、ザ・シャロウズ、and Young...(from 大阪)、
チムニィ、JIROX DOLLS SHOW(a.k.a 今井次郎)


タイムテーブルは上段の投稿を参照下さい。

前売予約メール、たくさんのご予約頂きどうもありがとう。周りには予約を開始したらすぐにソールドアウトになってしまうようなすごいバンドもいるけれど、僕等にそんな人気はないから、毎日メールBOXを開けるのに怯える日々でした(笑) だけど、今日が近づくにつれて少しずつだけど届くメールには、予約内容と共に応援の言葉やアルバムの感想なんかも入ってたりして、とても励みになりました。最初プレイガイドも出そうかと思ってたけど、それをやってたらこの喜びは味わえなかったな。中には「広島から行きます!」なんていう嬉しびっくりの方や、「1stの「記念日」はやりますか!?」「やりません!」なんてやりとりもしたり(笑) ごめんよ!

とにかく、本当に楽しみにしてくれてる人がいるんだ、と思った。

だけど、正直一番楽しみなのはこの僕だぜ!(笑)自分で楽しめないもの 好きでないものなんて 人様に向けられないよ。

事前にブログでイベントの特設ページ的に出演者の紹介記事でも作成しようかなと思ってたけど、結局この直前の数日は諸々バタバタしてしまい、出来ず終いになってしまった。でも紹介なんていって、YouTube貼ったり、解説したりってのも、どうも押し付けがましいのかなともふと思った。主催なんて権限ぶった言葉だなって思うよ。もしくは共存を促すようで、自らに孤立を架して、どんずまらになるような、閉じた言葉。勿論、僕は責任を背負うつもりで、このイベントを開催するけど、その重みはきっと今日音楽の空間の中で、もっと軽やかな自由と解放に転化されるんだよ。それを信じきってるから、楽しみなんだ。だから「主」となって「催す」なんて、大それたもんでもないよ。

出演してくれた9組の愛すべき方々、本当にありがとう。今日は全力でぶつかり合いましょう。

そして今回のこの9組でという選出のい理由は、もう本当に直感と偶然と、良いニュアンスでのテキトーとしか言いようがない(笑) 候補は100バンドくらいあったからね!でも、なんか結局必然になったんじゃないかな。きっと、そう思うんだ。

好きなものが、たくさんあるんだ。嫌いなものと同じくらい。それが、いつも僕を動かしているし、音楽に向かわせてくれる。だから欲張りな10バンドのレコ発!ぶっ続けで行くよ。

では、夢の島で逢いましょう。

【業務連絡】ツイッターでは告知してましたが、前売り予約は会場両店では昨日で締め切り。info@kowarekake.net宛で本日正午(もうすぐやね)で締めさせて頂きます。勿論、当日券は出ますんで、ご心配なく!あと、万一こちらの不備で「メール送ったけど返信がなかった」という方いらっしゃったらその旨受付で伝えて頂ければ、前売りで入れるようにしときます。とにかく、現場に来るんだ!それが大切!

クリックすると元のサイズで表示します
今井次郎さん作・箱舟現物、今日持参し、展示します!

あと、本日ライヴ中に壊れかけより重大発表あり!
0

2011/1/27 | 投稿者: komori

遊佐が買ってきた早川義夫さんの日記本に感化され(『日常で歌うことが何よりもステキ 』という本)、やはり真面目にこまめに日記は綴ろうと思い直したので、書きます。(JOJOさんのブログ読んでも、そう思う)

1/22
初仙台ライヴ。新宿発の夜行バスで行く。5時間もかからず着。大阪遠征に慣れると、近く感じる。早朝は5時からやっているバイキング形式のいかした定食屋「半田屋」でだらだら時間を潰し、その後遊佐の実家にお邪魔しリハ時刻まで休息。ペットの仔犬くんと仲良しにる。

その後会場となるフライングスタジオへ。市松模様の床がどこか下北沢CAVE-BEを彷彿とさせる感じの、ライヴハウス。そそくさとリハを終え、その後は仙台駅周辺の街並を探索。パルコ店内のタワレコにて「箱舟」発見!(※詳しくは前段記事で)CLUB HOOKという別のライヴハウスでは偶々この日割礼がツアーで来ており、宍戸さん達に会えるかなと思って入り口まで行ってみるも、お会い出来ず。遊佐が全然違うただギター持った人を「宍戸さんだ!」と間違えていた。

肝心のライヴはと言うと、自分達の演奏はどうも音作りを失敗した感が否めない演奏になってしまったが、仙台のお客さんは初めて観る謎のバンドだろうに、真剣に聴いてくれていて嬉しかった。また必ず行きます。今度来た時はもっとぶちかましたい。ミラーボールズは相変わらず熟練のパフォーマンス。調度この日の3日前に東京でご一緒したばかりの2人は、その間に新潟でもライヴをやり、仙台の後は郡山だという。本当に2人の旅は、ロードムービーみたいで、素敵だなあと思う。お話も沢山出来て、仲良くなった。

まさに仙台への案内人になってくれた雨先案内人には本当に感謝。ありがとう。彼等や、この日もお客で来てたソンソン弁当箱が、先人を切って仙台のシーンを盛り上げようとしている姿を見ていると、from何処そこ というのは一体どういうことなんだろうと思う。少なくとも自分は故郷になんの愛着も感じず飛び出し、今やツアーに行けばfrom東京と名乗っている。

帰りも夜行バス。早朝新宿着。東京の空気、若干暖かく感じる。
それは気温として、は無論、または隠喩もこめて。

結局牛タン等は食えず、「半田屋」しか行ってない…

1/23
仙台から帰宅後、暫し睡眠とり、その日は皆朝から仕事。僕も。しかし、このパターンも慣れたので、然程辛くない。帰りのバスで十分寝れてるし。

夜は東高円寺二万電圧へ、プラハデパートワンマン。ex creepy popの橋本さんがベースで加入した4人プラハは、初めて観たが、ハンドマイクになった矢野さん、飛び跳ねたり、踊ったり、解き放たれていて、素敵だった。素敵過ぎて、格好良過ぎて、泣いてしまったよ。音出さずとも、泣けてくる。佇まいでもう分かってしまう、伝わってしまうのだ、その信念の強さが。最高のワンマンでした。同じ時代に生きていることに感謝!

その後ご近所UFOクラブで「発狂天国」がやっており、チラシだけ配るつもりだったが、
まだやっていたので結局突入。調度会場はトリのワッツーシゾンビの狂乱の宴で、カオスと化していた。ワッツーシ久々に観たが、これまた素晴らしかった。ピースフルなアクトだった。最後はお客さんをステージに上げ、もうぐちゃぐちゃに。

ずっと昔、2005年のフジロックルーキーステージでワッツーシゾンビを観た時も、この日のように客をステージに上げていて、僕もその中にいたんだった。その時、いつの日かこのルーキーステージにもう一度今度は自分のバンドで立ちたいと思い、それは2009年に叶ったんだった。

そして今度は2/17に、そんなワッツーシゾンビと、遂に対バンする日が来ました。場所は浅草KURAWOODです。楽しみだな。salsaも出るよ。

プラハとワッツーシ、どちらも全然違う音楽で、全然違う感動を覚えたけど、同じくらい満足して、帰宅。いい日だった!

1/24〜(続く?)
1

2011/1/26 | 投稿者: komori

つい今しがたまで仙台のことを長々と書いてたのですが またも何かの拍子で「戻る」を押してしまい 焦って「次へ」を押したら 「ページの有効期限うんたら」で また全文消失しました… だからあれ程メモ帳に下書きしろって言ったのに(自分に)

仙台レポ、またショックから立ち直ったら追って書きます。正に「すべてを白紙に」な気分だぜ!

とりあえず、タワレコ仙台パルコ店にて発見した「箱舟」の画像を載せておきます。遠方の地で面出しで大展開!しかも嬉しい視聴機入り!ありがとうございます!コメント残して来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

仙台のタワレコは、バイヤーの方の音楽愛溢れる中々コアな品揃えのお店で、東京の某店や某店なんかよりも余程音楽を発信していると思った。対応してくれた方も、親切な方だった。こういうお店がちゃんとその土地と結びついて、独自の音楽シーンを形成していくんだなと思う。結局愛情注がれてない店の商品なんて輝きがないから、客離れするだけなんだよ。
1




AutoPage最新お知らせ