壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2010/5/30 | 投稿者: komori

ある人とゆっくり話をした。

ずっと風景とか天気、あるいは感覚とか気分とかに思いを巡らせている。ひとつとして定点を持つものはない。それが世界のあるべき姿かもしれないのに、僕等の世界は、そう世界と発した以上、その世界の枠組みが形成される。ことばはまるで契約のようだ。外部からの明確な論証なんて出来やしない。ルールを形成するルール…というループ…堂々巡り、合わせ鏡のような…を回避する、暗黙の認識があるようだ、どうやら僕たちには。確かに語のもつ意味が風景のように移り行くのなら、僕等のコミュニケーションとはいかなるものになるだろうか。変わり行くよ、とかつての自分なら反論をしたかもしれない。でもそれはきっと文脈とかパラダイムとか、そういったものに依拠した語の変貌ってやつだった。でも、それだと背景を形成するものの発端には確固たる土台があるが故にってことにもなってしまう。そうじゃなくて、たった一語の持つ強度が、森羅万象を「現す」のではなく(なにか奥底にあるものを現出させる、ということではなく)、そのものになるような、ことを考えていた。移り行く景色の中で、恐らく感知できる瞬間と言うのは大よそ無限に近い。だけど、その大半をオミットし、効用性のあるいくつかだけをチョイスすれば、人格なんてものはいとも簡単に形成できるのではなかろうか。それこそ、上記のことばの契約と同様のことのように。そうやって僕は岩石ではないと、僕は流木ではないと、海草ではない、ヤドカリではない、僕は君ではない、と言い切れる。それは正常な人格者の意見だと思う。僕がまたそうであるように。ただ、時折全ての過去が断ち切られ、未来のあらゆる可能性が現在へと回収され、要領が臨界点に達した現在はパンクし、木っ端微塵になる、それはどういう時制に該当するのだろうか?少なくとも進行形ではない。何かに向かうベクトルを持つと言うことはしないが、かといってそこに留まることはない。風景や天気が、それこそどこへも向かわないが、そこにはもう、いないように。君の言う感覚とか気分っていうのは、こんなことなのかな。


う〜ん、朝になってしまった
今日はライヴだが、その前にバイトが…
朝の陽に飛び込むように、音楽の中に飛び降りたいなあ。
1

2010/5/28 | 投稿者: komori

間髪いれず、ガンガンやろうぜ

クリックすると元のサイズで表示します

以前も一度呼んで頂いた、若きGSのプリンス「ザ・シャロウズ」の企画に、また出ます!嬉しいなあ。シャロウズ、3月くらいに観た時にめちゃめちゃ演奏の切れ味が増しててびびったから、負けんように頑張ろう。フライヤーも格好良いなあ!

壊れかけのテープレコーダーズはトリ前4番、21:20からの演奏であります。JAMは実は壊れかけでやるのは初めてで、雰囲気好きな箱なので、楽しみだ。
0

2010/5/28 | 投稿者: komori

夢の島終わり、すっかりブログの更新が滞ってしまった!怠惰!だが決してその後呆然としていたわけではなく、目まぐるしく音楽的には充実した日々だった。他は充実しなくとも、良い。頭と感覚は冴えているのに、体がついていかないのが悔やまれる。体力は充足させたい。

5/24(月)
日中は前日の反動で蛻の殻の如く過ごす。夜は下北沢ベースメントバーのビートハプニングへと出向く。エジプト文明ズ、古宮夏希&コークスが燃えている!など、観る。会場で会った岡さん(KEBAB RECORD)と面と向かって初めて会話したが、壮絶な人生を送っている人だと知った。ついつい話が弾んでしまい、終電へ急いで帰宅。時たま、ライヴハウスが学校みたく、見える。

5/25(火)
昼休み、ドウオカさんとミーティング。仕事後、新宿ナインスパイスにてスギムラリョウイチレボリューションズ(44O参加)がやってるってんで観にいくが、間に合わず。スギムラリョウイチとは、最近いつも壊れかけライヴで前方でカメラを回しくれている、彼である。歌は、初期フォーク時代チャゲアスを髣髴とさせ、渋いのだ。この日はあと、Fold Musicをやっとこ観れて、良かった。何を隠そう僕が壊れかけを結成する上で多大なる影響を受けたバンド「YAKUZA MANSIONS」のリーダー小田切冴樹氏の新しいバンドである。ついつい昔話に花が咲いてしまうが、本当はそんな話はしたくなかった。彼の前でヤクマンの話を口に出したことを、後悔。今起こりつつあること、未来、それに向かわなければ。

5/26(水)
多分絶対(多分絶対って何やねん)賞味期限が改竄されてた糞不味いレモンティーを飲んだおかげで終日ゲロ吐きそうな体調の中、夜壊れかけ練習。ずっとネタとして保存してあったリフを、そろそろ曲にまとめ上げるかと、色々セッション。皆、フレーズやリズムのヴァリエーションが、可能性が、ぐっと増えた。楽しい。業務面で、朗報ちらほら。残念な話も。なにくそ!

5/27(木)
仕事後またーも下北沢へ。スリーの太平洋不知火楽団企画へ出向く。その大いなる感銘と感想は、ツイッターになうな気持ちで記載したので、そちらを→http://twitter.com/kowarekakedayo 客は知り合い多し。太平洋、バンドマンから絶大なる支持を得る凄いバンドだなあ。僕もまた、笹口さんの壮絶なギターの弾きっぷりを大変尊敬している。自分にはまだあそこまで高ぶる情念をギターへと叩きつけるブルーズが、ない。反省。そして、太平洋、彼等程女の子にもてるバンドもいないのではなかろうか。最前の美女達の盛り上がりっぷりは凄かったな。穂高さんから、素敵な言葉を、メールで頂いた。まだ、言葉は世界を転覆させられるのか。多くの詩人は、それすら出来ないから、嫌いだ。柳川さんからも、そんなメールが。もし、言葉を諦めたならその先にあるものは、何か。

5/28(金)
天気が良い、なう


企画の日来てた母親に貰ったチョコレート、
食いすぎてニキビが出来た。





0

2010/5/24 | 投稿者: komori

というと語弊があるだろうけど、昨日のイベントは予想通りに、素晴らしかったと主催側として自負出来るものになった。

予想ってのはその範疇に狭めるものではなく、あらゆる肯定的な可能性を未来に向けて託すことなのかもしれない。

言い変えれば、信じていた通り、だったんだ。

いや、ロックなんてはみ出してなんぼだよ、と思うかもしれないけど、昨日あの場にいた人なら分かるだろう、大阪の三ツ目の無軌道っぷりを!

正直色んな意味でひやひやしたけど、それでもはみ出しも含め結局全ての力がある一点に収束された気がしたんだ。バラバラの力が。それは逆のベクトルの現象(統治ってこと)とは全く意味合いが異なる。

とにかく、出演してくれた愛すべき音楽家達、来てくれたお客さん、馴染みのバンドやライバル達が沢山来てくれた、嬉しかった、それは決して馴れ合いではなくて、あとわざわざフライヤーだけでも織り込みや配りに来てくれた方々も、ありがとう。そして新宿Motion、人気の理由も分かる、素晴らしい箱だ!音も!

どうもありがとう。昨日はなんか自然にありがとうって言葉が、何度も溢れだしたな。それは目の前の世界に対してでもあると同時に、目に見えない、もっと遠くの世界に対しても。

出演してくれた皆の激動のアクトについて、もっと細やかに書きたいけど、字面に起こすことでもないのかなと、思う。大気に飛ばした音達は、いずれ具現的な事象となって、ちゃんと「この」世界に戻ってくるだろうから。

ありがとう。また、演奏の中で。色々時事的な報告もあるけど、それはまた後日。

5/23 新宿Motion
set list
1貝殻は知ってる
2蝶番をこじあけろ
3すべてを白紙に
4てるてる坊主は吊るしたが
5箱船は来なかった
6雪どけ水を飲みほして

(アンコール)
7生まれる
0

2010/5/23 | 投稿者: komori

クリックすると元のサイズで表示します

■5/23(sun) 新宿Motion
壊れかけのテープレコーダーズ presents
『夢の島で逢いましょう vol.8』
OPEN/START 18:00/18:30
ADV/DOOR 2000/2300(+1d)
★追加Drink¥300(※一部除く)

出演(フロアとステージを交互に使った2ステージ制!)


STAGE ACT
・CAUCUS
http://www.myspace.com/caucus
・core of bells
http://www.myspace.com/gothrashcxoxb
・三ツ目(from 大阪)
http://www.myspace.com/mitsumenome
・壊れかけのテープレコーダーズ
http://www.myspace.com/halfbrokentaperecorders

FLOOR ACT(弾き語り)
・三輪二郎
http://www.myspace.com/miwajiro
・apartment
http://www.myspace.com/apartmentjp
・穂高亜希子
No My Space



類を見ない異種混合戦となった今回の「夢の島で逢いましょう」!ステージとフロアを交互に使った演奏という、壊れかけのテープレコーダーズ企画史上初の試みでお届けします。音楽が鳴り止まず、紡がれていく、そんな空間を楽しんで頂ければと思います。

この5月で調度結成から3周年を迎える壊れかけのテープレコーダーズの、現時点での集大成となる祭です!是非是非よろしくお願いします!


終了しました!
皆さん、
どうもありがとう!!!!!
1




AutoPage最新お知らせ