壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2009/8/28 | 投稿者: komori

クリックすると元のサイズで表示します
修理に出していたSGが無事戻ってきた。暫くサブのフライングVを弾いていたが、これはこれでとても良いギターだが、やはりこのSGの方がしっくりくる。長く使ってるから、どうもネックの握り心地や、感触が染み付いてしまっている。今回は過剰なチョーキングで随分と消耗してたフレットの摺り合わせも行った。フレットは結構低くなったが、スマートな弾き心地に仕上がっていて、これで力まかせにならずに済みそう。

このSGは実は高校の入学祝いに祖父母に買ってもらった代物で、ギブソンのアンガス・ヤング(AC/DC)モデルという、結構な値段する一品。当時ゆらゆら帝国の坂本さんが持ってるのを観て、どうしてもアーム付きのSGが欲しくて、アンガス・ヤングを知らずに、買った。アンガスのロゴまで入ってるのに、そいつを抱え、気分はもうゆら帝だった。

あれから歳月は流れて、自分でバイトしたお金でギターを買ったりもしたが、それは今じゃ手放してしまってりしている。買ってもらったものというのは、どうも負い目があって、ちゃんと弾けるようになるまで弾かなきゃという負い目、まだまだ感謝の意を表すに達してないなと思って、ずっと弾いている。実は、エフェクターなんかもそう。未だに使ってるロシア製ビッグマフやブルース・ドライバーは、高校生の頃に、両親に買ってもらったものだったり…。自分で買ったものは、やはり結構手放している。一般的な形での孝行なんて到底出来ないから、せめて、こいつらは大切に使おうと、思ってる。どこでも手に入る、安価なエフェクターだけど、なぜか出したい音は、対外これらで事足りてしまう。それに、どんなに乱暴に踏んでも、壊れない。

今までこれらの楽器を用い、演奏をして、確かに楽器を越えた瞬間が、いくつか、あった。それはもっと、身体、筋肉、血の流れ、細胞の分裂、そういったものと、密接した現象であった。それは、確実に、起こりうる。物質と精神は、相互の中和地点から、更なる高みへ登る。

灰野さんやニール・ヤング、ジミヘン、のギターを聴いて、それを学んだ。
0

2009/8/26 | 投稿者: komori

見やすく色々更新したつもりだが、結果として大して変わらなかった。朝が来てしまった。アクセス数増やして、より多くの人に、壊れかけの活動情報を知ってもらおうと、努力している。同時にいろんなまわりのバンドのことや、音楽のことも。

今から99でビール買って、ウッドストックのDVDの(最近出たやつではない)サンタナの演奏観て、寝よ。

サンタナやばいぜ。ボアダムスとか好きな人は絶対『ロータス』聴いたらぶっとぶ。
0

2009/8/26 | 投稿者: komori

涼しい。朝、家を出ると、日差しは夏だったが、風はもう秋を帯びている涼しさだった。夏のはじめ、44Oさんから除湿機をもらうつもりだったが、どうやらそれはまた先延ばしになりそうだ。調度今から1年前の今日、実は『聴こえる』のレコーディング初日だった。あの日は雨で、うだるような暑さと湿気で、除湿機がもっと欲しかった。調度巷ではゲリラ豪雨なんていって、東南アジアみたいなスコールが、連日降り続いていた。今年は、あまり降ってない気がする。あれから、1年、今日は涼しい1日だった。

でも、多分『聴こえる』は、少しばかり湿った気候が似合ってたのかもしれない。次のは、乾いた感じにしたいなとは、思っている。まだ、先だろうけど。


本日(給料日)まで、金がなく、CDを沢山売っていたが、結局そのお金でCDを買ってしまっている。最近また音楽を聴くのが楽しくて、毎日新しい発見がある。山口富士夫『Like a Rolling Stone』、メタリカ『メタル・マスター』、哀悲謡『ライヴ』、トム・ウェイツ『レイン・ドッグ』、アシュラ『ニュー・エイジ・オブ・アース』、森田童子のベストなどを、買った。どれも、良い。トム・ウェイツはなぜ今までぴんと来なかったのかが、謎な程、良かった。全部聴きたくなった。固執した趣向とか、当てにならない。昔ダサいと思って売った、ロキシー・ミュージック『アヴァロン』を買い戻し、聴いたら、これも良かった。


探してるCDもある。JOJO広重さんが大好きだというホークウィンド。あまり中古で見かけない。出会えないだろうか。穂高亜希子さんに「絶対聴いて欲しい」と薦められた鈴木一記という人も、欲しい。WebではあまりCDを買わない。専ら、お店で偶然出会える感動のほうが、でかい。

10月前半のライヴをブログの上段にアップした。あの寺にて、もの凄い敬愛する人たちと。嬉しいなあ。どうなることやら!現在決まってるライヴは、どれも内容がよく、一観客としても楽しみで、やはり主催の人や箱の人も誠意をもって声をかけてくれるのが、嬉しい。ありがとうございます。自分達はあまり人気ないが、なんとかしてそういう面白いことやってる方々の力になりたい、とは思っているのだが・・・



0

2009/8/23 | 投稿者: komori

金曜、夜、渋谷UPLINKにて『非常階段の30年』というイベントへ。JOJO広重と松村正人(STUDIO VOICE編集長。惜しくも休刊…なんてこった!)によるトークイベント。目から鱗とは、この事だった。JOJOさんは物凄く明晰な方で、どの話もぶっとんでるようだが一貫性があり、尚且つ精神論とかじゃなく具体性があって、食い入るように聞き入ってしまった。大学で講義でもやってたら、授業料払ってでも聞きに行きたい。「雑音文化論」とか。聞き手の村松氏も、押しに押されたじろいでて、面白かったなあ。「スタジオボイスが休刊になったからってなんだ、自分でスタジオポイスを作れ!」という、渇の入れ様!

なんというか、それは、希望に満ち溢れた時間だった。要は、ずっと、何だってやれ、ということを、JOJOさんは言っていた。30年間やり続け、尚、まだまだ足りないと、戦い続ける貪欲さ。灰野さんも、エンケンさんも同じ事を言ってる。爆音で鳴らされた非常階段の演奏やライヴ映像、そのノイズのかなたから、とても前向きな力が垣間見えた。ロックの、一番原初的な、壁を突き破る力みたいなもの。

ということで、沸々と色々やってみたい欲望が沸きあがってきている。取り合えず壊れかけでは今また新しい曲を作ってる。名曲だ。多分次またアルバムを作るとしたら、核となる曲だ。9月9日の3マンでやろうと思う。是非聴きに来て欲しい。まだまだバンドで試してみたい曲、リフ、アイデアは沢山ある。今年に入ってからでも、結構出来たかな。そろそろ何がしかひとつの作品にまとめてみたい。イベントもがんがんやってこう。年末に面白いのを、やるよ。

ちなみに肝心な非常階段の30周年記念30枚組は、なんと5万円!さすがに、買えない…


↑JOJO広重関連作の中で一番好きな(全部聴いてるわけではないが)、ソロ作『君が死ねって言えば死ぬから』。心洗われる、洗礼のような歌ばかりの1枚。
1

2009/8/21 | 投稿者: komori

ここ最近、自分のPCでMy Spaceを観ると、なぜか分からんが、調子悪く、まず曲が聴けない、それから、操作中にエラーになってしまいます。PCに疎く、原因がよく分かりません。誰か、教えて下さい。また、My Spaceでフレンドリクエストやメッセージをくれた方に対し、上記のような分けで、承認や返信が遅れ気味になってます。申し訳ないです。なんとか、ならんだろうか…。

また、多分お気づきの方多いと思うけど、諸々の事情により公式HPが全く更新されておりません。特にライヴ情報に関し、対バンの方や企画者の方には深くお詫び申しあげます。管理人も、なるべく早期の復旧に努めておるようで、もうしばらくお待ち下さい。

尚、最新の情報は、My Spaceや当Blogに随時更新しますので、そちらを参照下さい。
1




AutoPage最新お知らせ